東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > アーティストファイル > 詳細情報
 
アーティストファイル
(社) 春陽会
1922(大正11)年、春陽会は、日本美術院を離れた小杉未醒、足立源一郎、倉田白羊、長谷川昇、森田恒友、山本 鼎に梅原龍三郎を加えた7名で創立されました。また、このときに石井鶴三、今関啓司、岸田劉生、木村荘八、中川一政、萬鉄五郎等が客員として参加しています。

1923(大正12)年には早くも第1回展が上野竹之台陳列場で開催されています。やがて岸田劉生、梅原龍三郎等は会を去りましたが、会場も東京府美術館(現東京都美術館)へと変り、しだいに「優雅で文人画風」と評される春陽会の作風も定着して行きました。
 
1928(昭和3)年には、長谷川潔の入会を得て「版画室」が新設され、また、昭和10年代には岡 鹿之助、三雲祥之助、高田力蔵等、欧州からの帰朝者を新たに迎え、清新にして典雅な雰囲気がもたらされたのも特筆すべき出来事でした。

戦時中は一時の中断を余儀なくされましたが、1947(昭和22)年より公募展として復活。版画の駒井哲郎をはじめ多くのすぐれた作家を集め、「絵画」「版画」ふたつの部を持つ有力な美術団体として今日にいたっています。

また、若い世代を中心に、新たな造形意識に立った作品が多く見られるようになったのも、春陽会の近来の動向として注目されています。
【所在地】 〒160-0018新宿区須賀町3-18 第2宿谷ビル 2F
【電話番号】 03-3356-8823
【FAX番号】 03-3356-8823
【交通アクセス】 四谷三丁目駅 (営団丸の内線)
【メールアドレス】 shunyo-kai@shunyo-kai.or.jp
【ホームページ】 http://www.shunyo-kai.or.jp
*リンク先ホームページに掲載された内容については、当サイトは一切の責任を負いません。
アーティスト名から検索
ジャンルから検索
美術
音楽・オペラ
ダンス
演劇
芸能
パフォーマンス
映像
その他
アーティストランキング
ランキング