東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > アーティストファイル > 詳細情報
 
アーティストファイル
重松壮一郎
ピアニスト、作曲家。
生きとし生けるもの全てとの共鳴から音を紡ぐピアニスト。
即興演奏とオリジナル曲を主体とした独自のスタイルで、日本全国・アメリカにて活動中。

旅先の自然、風景、生き物、人々との出会いを即興で音に紡ぐ「旅の音楽家」であり、年間100回以上行うそのライブは、各地で好評を博している。

人間だけでなく、すべての命に向けた音楽を創造すること、 音を媒介に自然と交感すること、 環境問題における音楽の役割とは? などのテーマに取り組んでいる。

これまでに3枚のアルバム、1枚のDVD作品を発表。
2007年10月には、CD付き絵本「いるよ いるよ」を発表。

「心を1つにすれば、すべては1つになる」をという想いをベースに、あらゆるジャンル、あらゆる表現者とのボーダレスなコラボレーションを積極的に行っている。これまでに、うた、フルート、ヴァイオリン、ジャンべ、ガムラン、三味線、尺八、神楽笛、馬頭琴などとの共演や、映像、ドローイング、紙芝居、灯り、詩、食、舞踏、マジックなど、様々なジャンルと共演。

各種ライブ、イベント、テレビ/ラジオ番組、福祉施設にて演奏するほか、アート・イベント、平和コンサートなどを主催。

2005年4月、ダライラマ法王14世の熊本への来日記念ドキュメンタリー映像の音楽を、熊本在住の唄い手・川原一紗とともに担当。
2005年7月、NHK熊本放送局制作のテレビ番組「金曜ライブ」に出演。生放送で即興演奏など行う。
2005年7月、オーストラリアのシンガー・ソングライター/環境活動家アンニャ・ライトが、南米に伝わる物語を歌にした「とべ、クリキンディ〜ハチドリの歌」のレコーディングに参加。
【活動実績】 2007年の主な主催事業:
■「生きとし生けるものすべてに向けた音 vol.6 〜 vol.10」(東京)
■「ガラクタに咲いた花」〜廃品打楽器とピアノの森の音楽会(東京)
共演: 山口とも(廃品パーカッション奏者)
■「チキュウヲソウゾウスルジカン vol.6」(東京)
(お客さん参加型アート・イベント)
■「ちゃぶ台 春の太陽祭り」(熊本)
■「ちゃぶ台 秋の大おんがく会」(熊本)
■「第2回 平尾台 自然音楽祭」(福岡)
■「戦争のかけら、平和のかけら、音のちから。」(東京)
(9.11 平和コンサート)
■「ピアノとガムラン 森の音楽会」(東京)共演: 久保純子(ガムラン)
■「いるよ いるよ」こじまさとみ + 重松壮一郎 展(大阪)
■年間7回に及ぶライブ・ツアー
(東北、関西、中部、関西、中国、山陰、九州など)
【電話番号】 090-6518-6963
【ホームページ】 http://www.livingthings.org
*リンク先ホームページに掲載された内容については、当サイトは一切の責任を負いません。
アーティスト名から検索
ジャンルから検索
美術
音楽・オペラ
ダンス
演劇
芸能
パフォーマンス
映像
その他
アーティストランキング
ランキング