東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > アーティストファイル > 詳細情報
 
アーティストファイル
謹成祝花
謹成 祝花 [ちかなり しゅくか]

ー音を操るダンサー
映像演技、現代美術、詩、踊り、音楽、表現形態を変容させても、謹成祝花は謹成祝花を表現する。


The official Chikanari Shukuka website ⇒
http://www.shukuka.org/
【活動実績】 東京都在住の日本人舞踊家。中学、高校と、体操競技部に所属。グラフィックデザイン専門学校中退後上京し、俳優養成所にて映像演技を学ぶ。
1990年、ある日突然、絵が描きたくなり、独学の末、第14回フィナール国際美術展選考委員会賞を受賞。複数美術団体の会員を経て、国内外でグループ展と個展を決行。手描き詩集「SHOW」(ISBN:4-88306-445-X)を出版。
1998年、ある日突然、踊りたくなり、大野一雄舞踏研究所の研究生として、大野一雄、大野慶人に師事。即興独舞の作品に「水の中で」「血が水より濃いといいのに」「通過儀礼」「通過儀礼は終らない」「遠方凝視」「100/100」がある。また、ニューヨークのチェルシーのCAELUM GALLERYでのSOLO SHOW「冬の空にオリオン座」は、謹成祝花による絵と、オブジェと、ビデオと、インスタレーション、そして、ダンスの作品である。
2003年、音楽のライブハウスで踊りたいという希望から、活動の場を東京のライブハウスへ移行する。
マイクロフォン、ハイハットシンバル、エフェクター、鈴、等の単純な機材を用い、所作と歌唱と音響の全てを即興で同時進行させ、それらが溶解した時空を創るパフォーマンスを行う。ソロ活動を中心に、音楽家とのデュオやセッションをこなし、自身のレーベルdotto orgより、CD及びDVDを発表。
ダンサーでありながら、Unijazz主催 "Alternativa Festival"(チェコ共和国)、Theatre de Nimes主催 "The Japanese Experience"(フランス)、"LAUSANNE UNDERGROUND FILM & MUSIC FESTIVAL"(スイス)、等の海外の前衛音楽フェスティバルへ招聘される。
一貫した表現活動において、常に、真実の感情の発現に努め、行為と存在そのものを提示する事により、表現を成り立たせる方法をとる。現在も東京中心にライブ活動と自主制作作品を創り続けている。

今この瞬間を楽しめ!
(祝)
【メールアドレス】 dottoorg@yahoo.co.jp
【ホームページ】 http://www.shukuka.org/
*リンク先ホームページに掲載された内容については、当サイトは一切の責任を負いません。
アーティスト名から検索
ジャンルから検索
美術
音楽・オペラ
ダンス
演劇
芸能
パフォーマンス
映像
その他
アーティストランキング
ランキング