東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > アーティストファイル > 詳細情報
 
アーティストファイル
MU
東京都出身、東京育ちのハセガワアユムが主宰・劇作・演出・制作を兼ねる個人プロデュースユニット。

自身の劇団活動を3年、俳優としてもブラジル、bird's-eye view、シャトナー研EXなどの出演を経て、<俳優と作家>の両方の視点を活かし既成の劇団の形態とは違うアプローチを武器に2006年11月に活動開始。

名前の由来は、魑魅魍魎の劇団名が溢れる小劇場の中で浮くべく「徹底した意味の無さと妖しさ」を元に命名。

ユニットとして一環しているテーマは< not "no Message" >90年代ならともかく、00年代においてメッセージがいらないなんていらない。という考えを軸に掲げる。

07年8月『きみは死んでいる/その他短編』08年1月『愛の続き/その他短編』と連続で上演して「短編集公演」というジャンルを総劇場界で確立。他に駅ばりのポスター、 youtubeでの初日公演をダイジェストでUP、と作品自体の好評価が功を奏して観客動員約700名となるプチブレイク公演となった。(現在は約900名)

08年7月『相思相愛確信犯』で長編を携えての下北沢駅前劇場へ立ち上げから1年半という異例のスピードで進出。

08年11月より、劇場を一旦離れてギャラリーへ。『死んだ赤鬼/戦争に行って来た(反転)』を携えて再び短編集公演のセカンドシーズンへ突入する。
【活動実績】 ・2006年11月『マーメイドソング』@三軒茶屋spark1

・2007年3月『ミロール』@下北沢ヘブンズドア

・2007年8月『きみは死んでいる/その他短編』@下北沢OFFOFFシアター

・2008年1月『愛の続き/その他短編』@下北沢OFFOFFシアター

・2008年7月『相思相愛確信犯』@下北沢駅前劇場

・2008年6月、文芸社ビジュアルアート主催『星の戯曲賞』オリジナル戯曲部門・準グランプリ受賞!!
(戯曲『戦争に行って来た』07年8月上演内の短編)

・王子小劇場・2004年佐藤佐吉助演男優賞ノミネート
(ハセガワアユム個人・俳優として。ブラジル『美しい人妻』出演時に)
【所在地】 東京都世田谷区
【電話番号】 070-5658-5465
【メールアドレス】 info@mu-web.net
アーティスト名から検索
ジャンルから検索
美術
音楽・オペラ
ダンス
演劇
芸能
パフォーマンス
映像
その他
アーティストランキング
ランキング