東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > アーティストファイル > 詳細情報
 
アーティストファイル
クラングレーデ
 ピリオド楽器(古楽器)によるバロック〜古典音楽のアンサンブルです。
 私たちが演奏するのは、三百年から二百年も昔の、しかもほとんどの日本人にとっては、はるかに遠いヨーロッパの音楽です。しかし、バロック音楽は単なる「ヒーリング音楽」ではありません。その音楽を聴いて呼び起こされるのは、時代や場所に関わらない普遍的な人間のさまざまなアフェクト(情感)です。そして、聴き手はそのアフェクトによってそれぞれの「心象風景」を心に描き出すのです。作曲家が作品を書いた当時に使われていた楽器(複製)を使って演奏し、お客様と共に同じ情感を味わう、私たちはそんな演奏体験を目指しています。
【活動実績】 2007年11月、近江楽堂にて結成コンサート「TRIO!」、「ヴィヴァルディ・音の宝石箱(08年9月)」、「テレマン・音の交遊録(08年10月)」、「テレマン 〜18世紀自由人の花開く才能〜(09年9月)」、「洋館で聴く ヘンデルの室内楽(09年10月)」
2009年6月、横浜開港150周年を記念したコンサート「バッハの市民音楽」コンサートにゲスト出演し、独奏をつとめる。
2010年2月には、横浜山手地区の西洋館での古楽祭「横濱・西洋館de古楽」に参加。地元のアマチュアグループ「アンサンブル山手バロッコ」とジョイントコンサートを行ったほか、フルートとオーボエの楽器の変遷をお話と演奏でつづる講習会「フルートとオーボエの変遷 〜バロックからクラシックへ〜“トラヴェルソ、バロック・オーボエ トークと実演”」も開催。
2010年6月には、横浜開港記念会館で開催された「バッハの市民音楽−II」コンサートにゲスト出演、ブランデンブルク協奏曲やヴァイオリン協奏曲、カンタータでの独奏をつとめる。
2010年秋、東京「バロックアンサンブルの楽しみ(9月)」と横浜「音色の魔術師 ボワモルティエとヴィヴァルディ(10月)」、翌年には横浜で2つのコンサートを組み合わせた「薔薇の香りに包まれて(11年5月)」を開催。6月には第3回目となる横浜開港記念のコンサート「ヘンデル・愛のアリアとバッハの市民音楽」にゲスト出演。9月には「水の都ヴェネツィアから」を東京で開催。
発足5周年を迎える2012年には、4月に横浜山手234番館リニューアルコンサート「華ひらく・テレマン」に出演。また、6月には、恒例の横浜開港記念のコンサート「バッハの市民音楽とその周辺」にゲスト出演。 11月・12月に横浜で、第10回、第11回コンサートを開催。
2013年4月、6月には、新メンバーでの最初の演奏会第12回コンサート、13回コンサートを、9月には4本のヴァイオリンのみによる第14回コンサートを、11月第15回コンサートを開催いたしました。
2014年は、6月に恒例の横浜開港記念のコンサート「バッハのカンタータと協奏曲」にゲスト出演。
2014年11月16日近江楽堂にて「クラングレーデ コンサートシリーズ Vol.16 ウィーン古典派の輝き1」を開催。(ピリオド楽器によるモーツァルトほか室内楽のコンサート)
【メールアドレス】 concert@zav.att.ne.jp
【ホームページ】 http://music.geocities.jp/ensembleklangrede/
*リンク先ホームページに掲載された内容については、当サイトは一切の責任を負いません。
アーティスト名から検索
ジャンルから検索
美術
音楽・オペラ
ダンス
演劇
芸能
パフォーマンス
映像
その他
アーティストランキング
ランキング