東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > アーティストファイル > 詳細情報
 
アーティストファイル
山村まゆ子
なぜ自分の体はこんな形をしているのだろう?
そんな違和感を物心ついた頃からずっと感じていた。
理想の自分と現実の自分との間にギャップを感じることは、多かれ少なかれ誰にでもあることだろう。
美醜について、性別について、機能について。
私は私の違和感を言葉で整理することは長い間できなかった。
アロエを見ては、なぜ自分は緑色をしていないんだろうと感じ、 鳥を見ては、なぜ自分には羽毛が生えていないのだろうと思う。
自分が人間の姿をしていることに対する違和感。
私のこの体は、私の心に適合する姿ではなく、ずれている。
私は想像する。この体が固有の形を失い別の何かに変化する様を。
分解され、土や、植物や、鳥や、水、自分以外の何かへ、 移り変わるのを。
望む姿と、望む在り方を。
私が抱えてきた違和感と、理想。
絵はすべて一貫して変化について描かれている。
ある肉体が、土や水や大気に、溶けるように少しずつ分解され、
もとの姿を失い、別の有機体へと変化していく過程である。
その変化は、長い時間をかけて行われるため、 劇的というよりもむしろ静的なものだ。
変化とはつまり時の流れのことだ。
ある物体が、それ以外の何かに移り変わっていくのに要する時間、 崩壊と再生に至る時間。
空間を、物体を絶対的な力で貫く時間の存在。
ある時点では私は人間かもしれないが、ある時点では土塊かもしれないし、
ある時点では植物かもしれない。
今はただ、たまたま人間の姿を残しているだけで、 私は遥かな時間の流れの途中で いずれ望みの姿を得ることができるのかもしれない。 命と、変化と、それを貫く時間。
私が、私以外の何かになるための。
【活動実績】 略歴

2002年 創形美術学校研究科修了

【個展】
2002年 ギャラリーイセヨシ(東京)
2003年 小野画廊U(東京)
2004年 アートギャラリー環(東京)
2005年 デザインフェスタギャラリー(東京)
2006年 アートギャラリー環(東京)
2007年 青樺画廊(東京)
2008年 アートスペース88(東京) 小野画廊京橋(東京)
2010年 アートスペース88(東京)
2011年 アートギャラリー銀座(東京)

【グループ展】
2002年 上野の森美術館大賞展(上野の森美術館)
2005年 環展「人物ランド2005」(アートギャラリー環)
2007年 山村まゆ子・中島奈津子二人展(ガレリアプント)
2009年 FANTASTIC ART SHOW(Galleryやさしい予感) 幻想芸術展-巴里-(エスパスキュルチュレルベルタンポワレ・パリ)
2012年 第5回アーティクル賞入選者展覧会(ターナーギャラリー)
2013年「ドローイングとは何か」第3回公募入賞・入選作品展(ギャルリー志門) 第2回宮本三郎記念デッサン大賞展(小松市立宮本三郎美術館・世田谷美術館分館)
2015年「ドローイングとは何か」第5回公募入賞・入選作品展(ギャルリー志門)
2016年「ドローイングとは何か」第6回公募入賞・入選作品展(ギャルリー志門)

【賞歴】
エプソンカラーイメージングコンテスト2001(エプソン賞)
2002年 上野の森美術館大賞展(入選)
2012年 第5回アーティクル賞(入選) 第3回「ドローイングとは何か」展(入選)
2013年 第2回宮本三郎記念デッサン大賞展(入選)
2014年 神戸アートマルシェアーティスト支援プロジェクト(入選)
2015年 第5回「ドローイングとは何か」展(入選)
2016年 第6回「ドローイングとは何か」展(準大賞)

【アートフェア】
2014年 神戸アートマルシェ
【メールアドレス】 yamamura0308@yahoo.co.jp
【ホームページ】 http://yamamura0308.wixsite.com/online-photos-jp
*リンク先ホームページに掲載された内容については、当サイトは一切の責任を負いません。
アーティスト名から検索
ジャンルから検索
美術
音楽・オペラ
ダンス
演劇
芸能
パフォーマンス
映像
その他
アーティストランキング
ランキング