東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > アーティストファイル > 検索結果
 
アーティストファイル
美術の検索結果
1441 件の情報が登録されています。(1から10まで表示中)

2008年01月16日
美術

(Art) ICHIMIRI/一美里

最新情報はホームページ・ブログをご覧ください。

◇一美里ホームページ http://ichimiri.com
◇一美里ブログ http://1mm.ichimiri.com

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
森の中で小鳥をみつけるためには、視点を凝らしてはならない。
漠然と目線を開き、その森の空気や空間を観ながら探す。

みつけにくい小さな鳥の姿形、現象を追うだけではなく、
その小鳥の本質や見えない部分を観ながら探す。


色彩は女の人生を暗喩している。
女の人生は過去と未来をいつも作り続ける。
過去も未来も作り変えることができる。

空間の揺らぎはその女の一部である。
人が生きるためには常に動き続けるある一定の空間が必要である。
この空間は大きくもなるし小さくもなるが、その女が死ぬまでなくなりはしない。
水彩でにじませることにより、意図と無意図の間を描くことができる。

不完全さができる。
不完全さは無限の想像に加担する。

人間の質感とは、目に見える肌のなめらかさや瞳の輝きだけではない。
私は人間の存在の質感を描きたい。
その質感は人によって違うものだ。
女によっても違う。

女の質感は女にしか描けないだろう。男の質感は男にしか描けないだろう。
だから私は、女を描く。女の様々な質感を描きながら知ってゆく。

                                            一美里

2012年01月10日
美術

(Art) kei know

Kei know is a creator of art from Tokyo Japan.

-Direction of fashion shows
-Sculpture
-Objet
-Direction of architectural design
-Digital art
-Graphic design for music jackets
-Photograph

Won some prizes in a variety of genres.
Appeared in newspapers and magazines.

- Drew Message Art for LOVE FOR NIPPON, CHARITY EVENT at Shibuya PARCO FACTORY.

- published Art & Messagebook at
" Art Tails " for Great East Japan Earthquake Reconstruction support.

- "Japan Art Donation "
Messages from artists

- Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture
"Tokyo Art Navigation" member

- participated in the competitions held by Ministry of Economy.

------------------------------------

ArtReview: LONDON UK : Art Magazine
Contemporary artists & photography -My portfolio
http://www.artreview.com/profile/keiknow

2008年01月18日
美術

(MOCO)笹本智子

「※plyture=幾重にも積み重なった未来とカタチ」
をコンセプトに、湧き出てくるイメージと、それらをとり巻く現象をカタチにしています。

-1年11月30日
美術

(社) 春陽会

1922(大正11)年、春陽会は、日本美術院を離れた小杉未醒、足立源一郎、倉田白羊、長谷川昇、森田恒友、山本 鼎に梅原龍三郎を加えた7名で創立されました。また、このときに石井鶴三、今関啓司、岸田劉生、木村荘八、中川一政、萬鉄五郎等が客員として参加しています。

1923(大正12)年には早くも第1回展が上野竹之台陳列場で開催されています。やがて岸田劉生、梅原龍三郎等は会を去りましたが、会場も東京府美術館(現東京都美術館)へと変り、しだいに「優雅で文人画風」と評される春陽会の作風も定着して行きました。
 
1928(昭和3)年には、長谷川潔の入会を得て「版画室」が新設され、また、昭和10年代には岡 鹿之助、三雲祥之助、高田力蔵等、欧州からの帰朝者を新たに迎え、清新にして典雅な雰囲気がもたらされたのも特筆すべき出来事でした。

戦時中は一時の中断を余儀なくされましたが、1947(昭和22)年より公募展として復活。版画の駒井哲郎をはじめ多くのすぐれた作家を集め、「絵画」「版画」ふたつの部を持つ有力な美術団体として今日にいたっています。

また、若い世代を中心に、新たな造形意識に立った作品が多く見られるようになったのも、春陽会の近来の動向として注目されています。

 

2013年01月21日
美術

1

1

 

2015年10月05日
美術

13

大阪都心
連絡待つ

2010年08月10日
美術

3331 Arts Chiyoda

旧練成中学校を改修して誕生した3331 Arts Chiyodaは、さまざまなジャンルの第一線で活躍するアーティストやクリエーターたちがそれぞれの表現を自由に発信する場所です。最新のアートから、誰もが身近に感じられるものまで、そのテーマはいろいろ。

2010年07月01日
美術

4 - nelja -

はじめまして。4-nelja-です。

「4」をフィンランド語では、nelja(ネリヤ)と呼びます。

「4」の世界の音と色。

気にいってもらえたらうれしいです。

ホームページ:http://4444.qlookblog.net/

2016年06月02日
美術

A-nya.PoPo

青森県弘前市生まれ。早稲田大学文化構想学部一期生。 在学時より、文化人類学を専攻しながら講義室にて創作活動に励む。 その後、文化系財団、NPO、番組制作、出版社、Web 等、様々な職業経験を経てロンドン芸術大学へ留学。 昨年帰国し、現在東京で活動開始。座右の銘は「生きているだけで、素晴らしい」。

 

2011年06月08日
美術

A.Kitajima

自然の中に感じる小さな心をテーマに
イラストなどを創作しています。

 
次のページへ
アーティスト名から検索
ジャンルから検索
美術
音楽・オペラ
ダンス
演劇
芸能
パフォーマンス
映像
その他
アーティストランキング
ランキング