東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > アーティストファイル > 検索結果
 
アーティストファイル
演劇の検索結果
148 件の情報が登録されています。(11から20まで表示中)

2007年12月17日
演劇

JACROW

2001年旗揚げしたプロデューススタイルの演劇ユニット。
「ハードボイルド」をベースコンセプトに、 日常うからほんの少し逸脱した心理サスペンスをスタイリッシュに描く「日常系エンターテイメント」な作風。
現代会話劇のスタイルをとりながら「大人が痺れるバカッコいい」演出でみせる。

2009年03月31日
演劇

JAM BAL JAN JAN パイレート/清水エリナ

美術的の科学的で哲学的に数学的な言葉を繰り出し笑い飛ばし踊り倒すJBJJP。

踊ります喋ります思案しますJBJJP。

2008年09月10日
演劇

MU

東京都出身、東京育ちのハセガワアユムが主宰・劇作・演出・制作を兼ねる個人プロデュースユニット。

自身の劇団活動を3年、俳優としてもブラジル、bird's-eye view、シャトナー研EXなどの出演を経て、<俳優と作家>の両方の視点を活かし既成の劇団の形態とは違うアプローチを武器に2006年11月に活動開始。

名前の由来は、魑魅魍魎の劇団名が溢れる小劇場の中で浮くべく「徹底した意味の無さと妖しさ」を元に命名。

ユニットとして一環しているテーマは< not "no Message" >90年代ならともかく、00年代においてメッセージがいらないなんていらない。という考えを軸に掲げる。

07年8月『きみは死んでいる/その他短編』08年1月『愛の続き/その他短編』と連続で上演して「短編集公演」というジャンルを総劇場界で確立。他に駅ばりのポスター、 youtubeでの初日公演をダイジェストでUP、と作品自体の好評価が功を奏して観客動員約700名となるプチブレイク公演となった。(現在は約900名)

08年7月『相思相愛確信犯』で長編を携えての下北沢駅前劇場へ立ち上げから1年半という異例のスピードで進出。

08年11月より、劇場を一旦離れてギャラリーへ。『死んだ赤鬼/戦争に行って来た(反転)』を携えて再び短編集公演のセカンドシーズンへ突入する。

2010年09月09日
演劇

NICK-PRODUCE

1998年、早大劇団木霊より旗揚げ。主宰は村野玲子。公演ごとにチームを組み活動する、劇団という形式とは正反対の「ネットワーク型演劇上演ユニット」。劇場での公演のみならず、レストランや大学キャンパス、ジャズハウスなど、劇場以外の機能空間にあるものを舞台装置に見立て、オリジナルから翻案戯曲まで多様な演目を上演。近年は音楽家による演奏を、音響効果ではなくシーンとして、すなわち人間の営みの一つとして劇中に含める形でのコラボレーションを行っている。

 

2007年04月29日
演劇

NUDO

記号消費に基づいた演劇論を展開し、現代演劇を専攻しています。

記号消費を抜きにして語れなくなった現代社会に対して、芸術や文化がどのように機能していくのかを考えていきたいと思います。

 

2012年10月29日
演劇

N・Y アクターズワークショップ

マイズナーテクニックを演技の基礎として学べます。

本当に【リアリティーのある演技を身につけたい!】と強く希望し、
海外でも通用するアクティングを身につけたいと思う方なら、どなたでも参加できます。
アーティストにとって一番大切なものは“感性”です。 

マイズナーテクニックはあなた自身にしかない“感性”を豊かにし、
どんな人にも輝きを持たせるものです。
 
新規参加者でレッスン後にお茶する時間を作れる方には、
【感情の仕組み】と【俳優はアーティスト】という考え方について
お話しをすることもできますので、遠慮なく申し出てください。
予約制ですから、ご自身の都合の良い日に申し込んでください。

★ワークショップのご案内

講師 : 伝法谷 敦志
費用 : 予約制 ¥1,000/1レッスン
   (見学の場合¥500)
日程 : 火曜→19:30〜22:00
    土曜→10:00〜13:00
場所 : 芸能花伝舎
http://www.geidankyo.or.jp/12kaden/08access/

ホームページ
パソコン版:http://www.ny-actors.com/
モバイル版:http://nyactorsworkshop.blog.fc2.com/


受講予約者が多数になった場合、見学になることもあります。
当日欠席者が出た場合、受講できる可能性もありますので遠慮なく連絡をください。

以下フォームの連絡事項に、【Tokyo Art Navigationを見ました、アフターOKです。】と遠慮なくご記入ください。

当ワークショップについてご不明なことはこちら。
【お問合せフォーム】
http://form1.fc2.com/form/?id=781568

初めての方はこちら。
【初回予約フォーム】
http://form1.fc2.com/form/?id=781569

2回目以降の方はこちら。
【予約フォーム(2回目以降)】
http://form1.fc2.com/form/?id=781626

当日の遅刻連絡はこちら。
【当日の遅刻連絡】
http://form1.fc2.com/form/?id=804267

予約のキャンセルはこちら。
【予約キャンセル】
http://form1.fc2.com/form/?id=784849

2009年11月06日
演劇

OTOZAK

劇作家/演出家/音楽家、モリタユウイチが、
"音楽×ストーリー"を追求するソロプロジェクトです。
Live活動をメインとしています。

OTOZAKのコンセプト
1、始まりから終わりまで生バンドが途切れず演奏していること。
2、そのバンド演奏にストーリー、演技、映像が絶え間なくシンクロすること。
3、曲、ストーリーの両方をOTOZAK/モリタユウイチが作ること。

ノンストップのバンド演奏に、ストーリーと演技、映像、効果音を完全同期させrライブスタイルは、音楽に支配された独特な空間を出現させます。

俳優がリズムに合わせ続けることで演技は楽器化し、
音楽と演劇の境界線を限りなくゼロに近づけることで、
バンドライブとして見れる作品作りを目指しています。

あらゆるセクションのパワーバランスを微細に調節しながらも、その目的は、重厚なテーマ、ダイアローグなどを中心とした、いわゆる文学の立体化には、そのいっさいの本質を置かず、瞬間の心地よさ、キモチ良さを追求することにコンセンサスを置き、何度体験しても飽きない、味わいかたを限定しない、クレイアニメにも似た、作り込まれたライブ作品の完成を目標としています。

2009年06月22日
演劇

play unit-fullfull

東京都内でお芝居をしています。

私達の作品は、
日々の生活の中で、人が人を想う。
ちょっとした出来事に翻弄され、歓喜し、挫折し、そして時には感じてしまう罪悪感。『それでも想わずにはいられない』
そんなどうしようもなく不器用な人々の様を、日常生活を通して描いています。
あくまでも「物語り性」にこだわり、登場人物達が、苦悩し、闘って行く姿に多くの共感を得ています。

 

2007年11月08日
演劇

Port B

主催者の住所は埼玉県内ですが、活動はもっぱら東京都内において、東京圏内のメンバーとともにおこなっています。
これまで、シアターΧ、アサヒ・アートスエア、にしすがも創造舎特設劇場、そして巣鴨地蔵通り商店街などにおいて、東京という都市の記憶と現代を交錯させる舞台/演劇をさまざまな角度から試み、実現させてきました。

主宰の高山明は2006年度よりにしすがも創造舎(豊島区文化芸術創造支援事業)レジデント・アーティストとしてお世話になっています。

Port Bの詳しいプロフィールはぜひこちらをご覧下さい。
http://portb.zone.ne.jp

2009年12月16日
演劇

project ON THE ROCKS

TVドラマ「熱中時代」の監督・田中知己を中心に集まった演劇ユニットです。
第2回公演より、脚本に同じく「熱中時代」の布勢博一氏を迎え、ますますパワーアップ!
シェイクスピア作品およびオリジナル作品を上演しています。

前のページへ
次のページへ
アーティスト名から検索
ジャンルから検索
美術
音楽・オペラ
ダンス
演劇
芸能
パフォーマンス
映像
その他
アーティストランキング
ランキング