東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > イベント・レポート
 
イベント・レポート
No.046
建築家・前川國男のモダニズムを体感する
東京都歴史文化財団パートナーシップ会員校限定
東京文化会館バックステージツアー 建築編[後編]
都内で開催される注目のアートイベントをご案内し、その模様をレポートするコラムです。リアルな空間で、そしてオンラインで、日々の暮らしにアートを取り入れてみませんか。

日本を代表する建築家・前川國男が生きた時代と、その精神が垣間見えるツアー、「東京文化会館バックステージツアー(建築編)」の後編。屋外から屋上庭園や小ホールを見学し、前川國男建築の特徴を掘り下げていきます。前編に続き、近代建築を特徴付けるキーワードを軸に紹介していきます。


内外をつなぐ「空間の連続性」

建築史家の米山勇講師の解説による、バックステージツアー。続いて一行は、屋外へと移動しました。米山講師が、ある場所で立ち止まります。
「私はここが大好きです。この外壁は、実は屋内から続いています(写真下)。大ホールの壁面が貫通するかたちで、ガラスの壁面と斜めにぶつかっているんです。まさに〈内-外〉の連続性というモダニズムの理念を体現している。ここにホールがあるんだな、という内部の機能も表されています」

米山講師が絶賛する外壁部分。写真右側がガラス部分を貫いている大ホールの壁面
米山講師が絶賛する外壁部分。写真右側がガラス部分を貫いている大ホールの壁面


「屋上庭園」は宙に浮かんだ地面

再び屋内へ戻り、次に屋上庭園へ出ました。この場所は現在、一般開放されていません。この屋上庭園は「コルビュジエが唱えて世界に大きな影響を与えた『新しい建築の5つの要点(近代建築の五原則)』の一つにあてはまります」と米山講師は言います。
「建物に鉄筋コンクリート造を使うようになった20世紀建築において、コルビュジエは『ピロティ』『自由な平面』『自由な立面』『水平連続窓』『屋上庭園』を5つの要点としました。植物があり、建物の入口がいくつもある屋上は、宙に浮かんだ第二の地面です」

屋上庭園。奥が大ホールの4階部分。現在は閉鎖されている
屋上庭園。奥が大ホールの4階部分。現在は閉鎖されている


広い空間を生み出す「コア」

屋上庭園をあとにし、青色の螺旋階段を降りると小ホールのホワイエへ出ました。螺旋階段の近くにはエレベーターがあります。
「階段、エレベーター、水回りなどを集中させた部分を『コア』といいます。大事な部分を1カ所に集めることで、空間を広々と使うことができるんです。現在でもビルの設計などには当然のように取り入れられている合理的な考え方です」

東京文化会館には、青と赤の二つの大きな螺旋階段がある

東京文化会館には、青と赤の二つの大きな螺旋階段がある

東京文化会館には、青と赤の二つの大きな螺旋階段がある


コルビュジエが愛した「スロープ」

小ホールのホワイエから、再び大ホールのホワイエへ戻ります。二つのホワイエをつなぐのは、なだらかなスロープ。
「コルビュジエはスロープを使うのが好きでした。国立西洋美術館にも印象的なスロープがあります。スロープは空間と空間をつなぐ通路ですが、その傾斜の美しさはもちろん、人が移動する姿をも美しく見せることができます」
スロープの下の空間はクロークになっています。
「現代では機能とデザインは別もの、といった考えもありますが、モダニズムでは機能とデザインは不可分のものでした」

小ホールホワイエとエントランスロビーをつなぐ長いスロープ
小ホールホワイエとエントランスロビーをつなぐ長いスロープ


師とは異なる「前川國男」の特徴とは

大ホールに戻り、こうして1時間半にわたるツアーは終了しました。最後に米山講師が会場からの質問に答えました。「コルビュジエにはない、前川國男独自の特徴はありますか」。
米山講師によると前川國男は「『日本趣味』の風潮に逆らう」デザイン案によって、脚光を浴びるようになったそうです。
「日本が戦争に向かった昭和の初め、公共建築を中心に、日本の伝統的なデザインを取り入れなければコンペに通らない時代でした。ル・コルビュジエのもとで学んだ前川は、それにあらがって近代建築のスタイルを貫いていたため、コンペにはことごとく敗北していたのです。

しかし、たとえば大ホールの外観上部は日本の伝統的な民家などに見られる、屋根の棟(屋根の頂部)に似ています。台形に近い形ですが、最上部辺りでわずかに傾斜がなくなっています(写真下)。実は日本的な情感もほのかに込めていたのではないでしょうか」

小ホールの庭園にて。右側の建物が大ホールの上部。「日本民家の屋根のよう」と米山講師
小ホールの庭園にて。右側の建物が大ホールの上部。「日本民家の屋根のよう」と米山講師

近代建築を体感できる「東京文化会館バックステージツアー(建築編)」。舞台の照明操作などが体験できる「東京文化会館バックステージツアー(舞台編)」ともに、年に数回開催されています。
開催は不定期のため、東京文化会館の公式Twitterにて情報をご確認ください。

文・構成:佐藤恵美

東京都歴史文化財団パートナーシップとは

学校教育において都立文化施設を有効に活用いただき、学生の皆様へ文化に親しむ機会を提供することを目的とした大学等を対象とする会員制度。
今回のような会員限定イベントや都立美術館、博物館の常設展無料入場、特別展の割引など様々な特典があります。入会は随時募集しておりますので、お問い合わせください。
http://www.rekibun.or.jp/promotion/partnner.html

創作活動サポート
メンバー登録
東京のアートシーンを共に創造するメンバーを募集しています!
アーティストの方はこちら
あなたの作品や活動をTokyoから世界に向けて発信してみませんか?
サポーターの方はこちら
創作活動をサポートするギャラリーや稽古場の登録、展覧会やイベントを投稿できます。
デジタルミュージアム
美術館・博物館の収蔵作品2万点以上の
デジタルアーカイブ
東京・ミュージアム ぐるっとパス
詳しくはこちら