東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > イベント・レポート
 
イベント・レポート
No.036
東京都現代美術館「MOTコレクションコレクション・オンゴーイング」ギャラリートークをレポート!−−後編

東京都現代美術館の、長期休館前の最後の常設展「MOTコレクション」。この貴重な展示をガイドスタッフの竹内美枝さんの案内でまわります。レポートの後編は豊嶋康子、辰野登恵子、宮島達男の作品を見ながら、ツアーガイドの醍醐味にも迫ります。


特別展示・豊嶋康子、辰野登恵子と宮島達男

90年代に活動を開始し、コンセプチュアルな作品で近年あらためて注目を集める豊嶋康子。特別展示として、2部屋にわたって作品を紹介しています。
「社会の仕組み、生活の決まりごとや規範といった、既存のシステムに対し、本当にそうなのか、そのなかで『私』を形づくるものは何なのか、と疑問を投げかける作品をつくっています」とガイドスタッフの竹内美枝さん。

豊嶋康子特別展示室にて
豊嶋康子特別展示室にて

棚に並ぶたくさんの通帳。そのどれにも「豊嶋康子様」と描いてあり、作家本人の通帳のようです。
「今はもうなくなってしまった銀行の通帳もありますね。豊嶋さんはいろいろな銀行に口座をつくり、自分から自分に振り込むといった行為から、銀行のシステムそのものを問いかける作品を制作しています」。

豊嶋康子《口座開設》1996- 個人蔵
豊嶋康子《口座開設》1996- 個人蔵

豊嶋康子《振込み》1996-
豊嶋康子《振込み》1996-

また、壁に掛かる木のパネルは、美術館や絵画といった制度や条件に対する批評だそう。竹内さんの誘導で裏面をのぞいてみると、木の細工が施され、その細工はパネルによってそれぞれ違いました。
「説明をきかなかったら、言われるまでのぞこうとしなかったな」という声も。
「思い込みを変える、という意味ではあちらにあった《復元》がおもしろいね」と別の参加者が話します。
「それでは、その《復元》をみなさんで見に行きましょう」。

豊嶋康子〈パネル〉シリーズの前で
豊嶋康子〈パネル〉シリーズの前で

「普通は復元って欠けたところを補うけれど、この作品は小さなかけらから全体を想像して、復元してしまっているんですね」と参加者も話します。

豊嶋康子《復元》(2003-2006年)の前で
豊嶋康子《復元》(2003-2006年)の前で

続いて、2階の展示室へ移動します。2階の特別展示室は、版画や油彩画の作家、辰野登恵子を取り上げています。大きな油彩画は2011年に制作された《ばら色の前方 後方》。
「どちらの色のかたまりが前方に見えるでしょうか。いろいろと想像してみてください」と竹内さん。よく見ると、ピンク、茶色、黄色、青色など色が何層にも重なっています。これが辰野登恵子の「ばら色」なのです。

辰野登恵子《ばら色の前方 後方》(2011年)の前で
辰野登恵子《ばら色の前方 後方》(2011年)の前で

辰野登恵子がフランスの工房にて、石版で制作した作品の前で
辰野登恵子がフランスの工房にて、石版で制作した作品の前で

そして、最後の部屋へ。そこは真っ暗な空間にデジタルカウンターが浮かぶ、宮島達男の作品が展示されていました。「1から9までを数えるカウンターが無数に点灯しています。その刻み方が遅いものもあれば、早いものもある。生と死などさまざまイメージを想起する作品です」。
こうしてこの日トークは終了。終了後も竹内さんに質問をする参加者の姿がありました。

宮島達男《それは変化し続ける それはあらゆるものと関係を結ぶ それは永遠に続く》1998
宮島達男《それは変化し続ける それはあらゆるものと関係を結ぶ それは永遠に続く》1998

「一番好きな作品は、宮島達男の作品」と話す竹内さんはガイドスタッフを20年以上続けています。宮島達男の《それは変化し続ける それはあらゆるものと関係を結ぶ それは永遠に続く》は東京都現代美術館の展示空間に合わせて制作されました。1998年の設置以来、館とともに歩んできたMOTコレクションを代表する作品のひとつです。
現在、東京都現代美術館で活動するガイドスタッフは、竹内さんのようなベテランも含め29名。来場される方々と美術館をつなぐ橋渡しの役目を担い、ボランティアとして活動しています。
竹内さんがギャラリートークの際に持っていたファイルが気になり、見せていただきました。そこには作品や作家の情報がびっしりと書かれた手書きのノートと、たくさんの資料。「展示替えのたびに学芸員による研修があり、そこで得た情報をファイルにまとめています」。
「今日は常連の方、初めていらっしゃる方などさまざまな方が参加してくださいました。なかには、アイドルグループの嵐の大ファンで、嵐の大野智さんと草間彌生さんがコラボレーションした様子を見て現代美術に興味を持ち、この美術館に初めて来たという高校生もいました」。そうした現代美術ファンが誕生する瞬間に出会えるのも、この仕事の醍醐味かもしれません。

竹内さんのようなガイドスタッフによる「MOTコレクション」展のギャラリートークは、毎日14時から開催!同時開催の2つの企画展「スタジオ設立30周年記念 ピクサー展」「MOTアニュアル2016 キセイノセイキ」とあわせて、ぜひ会場に足を運んでください。

文・構成/佐藤恵美

「MOTコレクション コレクション・オンゴーイング」は5月29日(日)まで開催。

東京都現代美術館は、5月30日(月)から、大規模改修工事に伴い休館いたします。この度の改修工事で、経年劣化に伴う設備機器の更新等を行い、公共施設としてお客様により安心で快適な美術館へと生まれ変わります。長期にわたる休館となる見込みですが、皆様の格別のご理解とご高配のほどお願い申し上げます。
http://www.mot-art-museum.jp/

 
イベント・レポート

都内で開催される注目のアートイベントをご案内し、その模様をレポートするコラムです。リアルな空間で、そしてオンラインで、日々の暮らしにアートを取り入れてみませんか。

創作活動サポート
メンバー登録
東京のアートシーンを共に創造するメンバーを募集しています!
アーティストの方はこちら
あなたの作品や活動をTokyoから世界に向けて発信してみませんか?
サポーターの方はこちら
創作活動をサポートするギャラリーや稽古場の登録、展覧会やイベントを投稿できます。
デジタルミュージアム
美術館・博物館の収蔵作品2万点以上の
デジタルアーカイブ
東京・ミュージアム ぐるっとパス
詳しくはこちら