東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > 展覧会・イベント情報 > 詳細情報
 
展覧会・イベント情報
展覧会やイベントの情報を検索できます。
TOKYO×PRINT×LANDSCAPE U
「東京の今」を描く

本展は風景をモチーフに版画で制作活動を行う作家による「東京の今」をテーマに描く展覧会です。同じ「風景を描く」という共通点を持つ3名の作家が「東京」をテーマにそれぞれの視点で現在の東京23区の日常を描きます。本展は1年に1度開催し、4年かけて23区を完成させます。2017年はその第2回目となります。
 出品するハットリアイコ、吉田庄太郎、門馬英美の3名は武蔵野美術大学で版画を専攻し板目木版、木口木版、シルクスクリーンという技法を用いて「風景」をモチーフに制作をしている作家です。大学を出てからはそれぞれ方法は違えど表現活動を続けてきた3名。ハットリは日常の自然な一瞬を切り取り、その瞬間を止めるように風景を摺り取ります。吉田はビュランで光を捉えるように、人々の息遣いが聞こえる生活感が漂う空気を描きます。門馬は多くの色を緻密に刷り重ね、風景を鮮やかな色彩で紙に刷り込むように表現します。それぞれの成長と風景への思いを、版を重ねるように積み重ねます。東京で暮らし、働く3名の作家がどのような視点で風景を切り取るのか、今を生きる版画家が「東京の今」を探ります。

 また本展では版画の複数性を活かし23区のカレンダーを制作いたします。限定部数45部で今回は台東区・渋谷区・荒川区・文京区・北区、新宿区を描きます。同じ版画でありながら、風景の捉え方、感じ方はさまざまです。色を重ね、面で描く版画技法を使い普段私たちが見ている「東京」を作家を通して見ることでどんな新しい姿として描かれるのか、現代版浮世絵とも言える作品たちをお楽しみください。
【場所】 Gallery 子の星  
【日程】 2017年12月6日(水)-12月11日(月) 
【時刻と特記事項】 12:00-19:00 
【チケット料金】 入場無料 
【所在地】 〒150-0034 東京都渋谷区代官山町13-8キャッスルマンション113 
【お問い合わせ先】 tokyo.print.landscape@gmail.com 
【公式ホームページ】 http://tokyoprintlandscape.jimdo.com 
*リンク先ホームページに掲載された内容については、当サイトは一切の責任を負いません。
【投稿者】 TOKYO×PRINT×LANDSCPE 
展覧会・イベント情報検索
展覧会や施設などの名称を入力して「検索」ボタンを押してください。
ジャンルから検索
美術(美術館・ギャラリー)
歴史・民俗(博物館)
自然(動物園・科学館)
音楽・オペラ
ダンス
演劇
芸能
パフォーマンス
映像
その他
エリアから検索

上野エリア(上野・谷中・浅草)

皇居周辺(竹橋・九段下)

銀座エリア(銀座、有楽町、日比谷・新橋・日本橋)

渋谷・目黒エリア(原宿・渋谷・恵比寿・目黒)

港エリア(品川・高輪・六本木・赤坂・白金・青山)

新宿・世田谷エリア(新宿・初台・中野・下北沢・三軒茶屋)

両国・深川エリア(両国・錦糸町・清澄白河・深川)

池袋・城北エリア(池袋・王子・北千住・練馬・板橋)

臨海エリア(汐留・青海・有明・葛西)

多摩東部エリア(吉祥寺・三鷹・小金井・国分寺・調布・府中)

多摩西部エリア(町田・立川・八王子・高尾)

その他(御茶ノ水・大森・田町など)

日付から検索
2017年11月>>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30