東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > 展覧会・イベント情報 > 詳細情報
 
展覧会・イベント情報
展覧会やイベントの情報を検索できます。
集中とアートについてのワークショップ 「私自身の眼鏡を磨く」
ESTAR(SER)研究の紹介。

AITでは11月24日(金)に、来日中のESTAR(SER)のメンバーによるトークイベントを開催します。ESTAR(SER)は、「第三の鳥結社」という不思議な集団について研究や研究を重ねてきたグループです。これまでにもさまざまな国々でトークを実施し、2016年には、アメリカ、ロサンゼルスにある、奇妙な博物館として知られるジュラシック・テクノロジー博物館でトークを行い、AITのロジャー・マクドナルドもゲストとして招待されました。そのような経緯から、今回、日本で初めてとなる彼らのトークが実現することとなりました。

さて、彼らの最新のリサーチによると、MacGinitie Collectionで11個のゴーグルが発見されました。それらは、「第三の鳥結社」によって使われていたと推測され、特殊な視覚現象が起きると考えられています。また、そのゴーグルを装着した者は軽い変性意識状態となり、「第三の鳥結社」の秘密の儀式で使われていたとも言われています。
このゴーグルを装着した者は、それによってアートの適切な鑑賞を行ったのでしょうか、あるいは、集団でそれを汚してから浄化し、新たな視覚を手に入れようとしたのでしょうか?それとも、なんらかのパフォーマンスに使ったのでしょうか?これらを裏付ける証拠は、未だ少ないままです。ある研究者は、オルダス・ハックスリーの著書「Art of Seeing」(1941年)とも関係があると指摘しています。

当日は、ESTAR(SER)が発表してきた様々な出版物と第三の鳥結社が行って来たたであろう「運動」を発表します。
参加する皆さんには、実験精神をもってお集まりいただくことをお勧めします。

ESTAR(SER): The Esthetical Society for Transcendental and Applied Realization(「実践と超越的覚醒の美学的協会」)とは?
⇒プライベートでインディペンデントな研究者のネットワークである。「第三の鳥結社」について丁寧な研究や議論を進めてきた。

要予約、本イベントは英語で行われます。
【場所】 3月2日(月) AIT ARTIST TALK #66 オランダよりアーティスト エロディー・ヒーリックスックを迎えて  
【日程】 11月24日(金) 
【時刻と特記事項】 19:00 - 21:00 (18:30 開場) 
【チケット料金】 一般1,000円、MAD受講・修了生、一般学生・AITベースメンバー 800円、ハウス/AITサポートメンバー 無料(すべて1ドリンク付き) 
【チケット購入先】 タイトルを「1124 AIT WS 参加希望」として、お名前(ふりがな)、参加区分(一般、MAD受講生など)、ご連絡先を明記したメールをotoiawase@a-i-t.net宛てにお送りください。(@を半角にしてお使いください) 
【所在地】 〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町30-8 ツインビル代官山 B-403 
【お問い合わせ先】 otoiawase@a-i-t.net 
【投稿者】 NPO法人AIT 
展覧会・イベント情報検索
展覧会や施設などの名称を入力して「検索」ボタンを押してください。
ジャンルから検索
美術(美術館・ギャラリー)
歴史・民俗(博物館)
自然(動物園・科学館)
音楽・オペラ
ダンス
演劇
芸能
パフォーマンス
映像
その他
エリアから検索

上野エリア(上野・谷中・浅草)

皇居周辺(竹橋・九段下)

銀座エリア(銀座、有楽町、日比谷・新橋・日本橋)

渋谷・目黒エリア(原宿・渋谷・恵比寿・目黒)

港エリア(品川・高輪・六本木・赤坂・白金・青山)

新宿・世田谷エリア(新宿・初台・中野・下北沢・三軒茶屋)

両国・深川エリア(両国・錦糸町・清澄白河・深川)

池袋・城北エリア(池袋・王子・北千住・練馬・板橋)

臨海エリア(汐留・青海・有明・葛西)

多摩東部エリア(吉祥寺・三鷹・小金井・国分寺・調布・府中)

多摩西部エリア(町田・立川・八王子・高尾)

その他(御茶ノ水・大森・田町など)

日付から検索
2017年11月>>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30