東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > 展覧会・イベント情報 > 詳細情報
 
展覧会・イベント情報
展覧会やイベントの情報を検索できます。
アキバタマビ21 第65回展覧会「HIGHTI展」
【展覧会概要】
「八広HIGHTI」とは、2004年から2016年まで、墨田区荒川沿いに存在した廃墟兼住宅です。廃墟だった工場跡から、住人自らの手で住居を作り、生活を営んだその空間は、同時に、国内外のアーティストやミュージシャンが滞在し、ライブやパフォーマンスが行われる場でもありました。
本展は八広HIGHTI元住民達の作品と、13年の活動の歴史をアーカイブする展示となります。


【作家ステイトメント】
なんだか「よくわからない」というのがハイチに関する当初の所感だった。

そこで行われていた不定期開催のイベント的なパーティーには本当に様々な人々が集まっていた。当時まだ無名のクリエイターはもちろん、国際的に知られたミュージシャンなどの国内外の表現者のほか、カテゴリーを問わずのよくわからない者たちによる混沌とした交流が、やはりよくわからない空間の中でうずまいていた。

それが「わからない」ではなく、理解すべき意味などそもそも「なかった」のだと理解したのは、メンバーたちの、スペースや表現活動へ対するあまりの衒いのなさに触れてのことだった。単純に面白いことがしたいという彼らには、コンテクストやコンセプトといった策略めいた功利的な意図のようなものが、驚くほど欠けている様に見えたのだ。

とかく意味や成果を求められる世の中で、意味や文脈を持たないということは圧倒的に不利だし、非効率だろう。しかし、あのスペースに集っていたのは、世情とはどこか切り離されていた、そんな自由な気分に惹かれていた者たちだったのではないだろうか。

本展で確信を持って言えるのは、やはりコンセプトの定まらない、とりとめもない展覧会になるはずだということだ。この展覧会の雰囲気の様な、無意味で自由な場所が以前あったのだ。


【出品作家】
相川勝 / 矢代諭史 / 工藤幸平 / 中野恵一



◆イベント
●オープニングレセプション 2017年12月23日(土)18:00~
●トークイベント 2018年1月13日(土)18:00~
ゲスト:biki(アーティスト)/ 谷口 暁彦(アーティスト/多摩美術大学情報デザイン学科 講師)/ ヨネザワエリカ(ライター)/ 大城 真(アーティスト)/ 神田 聡(アーティスト)/ space dike(スペース・ダイク)/ すずえり(芸術家)/ 村田 学(音楽家)/ Tetsunori Tawaraya(アーティスト)
【場所】 akibatamabi21  
【日程】 2017年12月21日(木)〜2018年1月28日(日) 
【時刻と特記事項】 ※冬期休場:2017年12月29日(金)〜2018年1月3日(水)
2018年1月4日(木)13:00開場
12:00〜19:00(金・土は20:00 まで)、火曜休場 
【チケット料金】 無料 
【お問い合わせ先】 03-5812-4558 
【公式ホームページ】 http://www.akibatamabi21.com 
*リンク先ホームページに掲載された内容については、当サイトは一切の責任を負いません。
展覧会・イベント情報検索
展覧会や施設などの名称を入力して「検索」ボタンを押してください。
ジャンルから検索
美術(美術館・ギャラリー)
歴史・民俗(博物館)
自然(動物園・科学館)
音楽・オペラ
ダンス
演劇
芸能
パフォーマンス
映像
その他
エリアから検索

上野エリア(上野・谷中・浅草)

皇居周辺(竹橋・九段下)

銀座エリア(銀座、有楽町、日比谷・新橋・日本橋)

渋谷・目黒エリア(原宿・渋谷・恵比寿・目黒)

港エリア(品川・高輪・六本木・赤坂・白金・青山)

新宿・世田谷エリア(新宿・初台・中野・下北沢・三軒茶屋)

両国・深川エリア(両国・錦糸町・清澄白河・深川)

池袋・城北エリア(池袋・王子・北千住・練馬・板橋)

臨海エリア(汐留・青海・有明・葛西)

多摩東部エリア(吉祥寺・三鷹・小金井・国分寺・調布・府中)

多摩西部エリア(町田・立川・八王子・高尾)

その他(御茶ノ水・大森・田町など)

日付から検索
2018年04月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30