東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > 展覧会・イベント情報 > 詳細情報
 
展覧会・イベント情報
展覧会やイベントの情報を検索できます。
小林あずさ 個展「燃素」
3月9日より、小林あずさ個展「燃素」を開催いたします。
ひとつひとつ独立するモチーフを断片的につないだ図像が印象的な小林の絵画。不確実に揺らぐ言葉の意味を連鎖していく作家は、その仕事を言語の代替とした「詠む絵」だといいます。本展では、ひとつの迷信とされる「燃素」の在り方に自身の制作行為をなぞらえた新作、および旧作を発表します。ぜひご高覧ください。

なお、3/10(土)にはオープニングレセプション、4/7(土)にはアーティストトークを行います。あわせてご参加ください。

☞ 作家HP|http://kobayashi-azusa.jp/

-
[関連イベント]

◉ オープニングレセプション
日 時|3月10日(土)17時-
※どなたでもお気軽にご参加ください。

◉ トークセッション
日時|4月7日(土)17時-
料金|500円(別途1 ドリンクオーダー)
※ 要予約 awaiartcenter@gmail.com まで
※ 展示を未見の方は入場料もただきます
※ 終了後クロージングパーティを行います

-
[アーティストステートメント]

私は物がもついわれや器物の表象を収集し、世界を構成する断片の意味を拾い上げている。言葉とイメージの相関関係を基本に、言葉が持つ不確実性を利用しながら、それらを画面の中で繋ぎあわせ、連想ゲームや言葉遊びのような遊戯性を持たせながら、意味を拡張し、時に歪曲をしながら、言葉が持つ意味のゆらぎを強めてゆく。

燃素とは、燃焼を説明するために仮定された元素フロギストンの訳語である。phlogistonとは、ギリシャ語で炎を指す。18世紀、物が燃えるのは物体の中に含まれるフロギストンが放出されることによって起きると考えられており、フロギストンが逃げ切ったあとの物質は灰になると、誤った燃焼理論が信じられていた。

現在では迷信や妄想という言葉で片付けられてしまうこのような言説も、不確実な現実に対応する理解や意味づけを行う要望に応える行為であり、それは切実な希求であると私は考えている。

言葉の持つ不確実な意味の揺らぎをさらに促進し、言葉から連想したイメージをさらに関連するものと繋ぎあわせ、新たなイメージを焚きつける制作行為の発火現象を表して、本個展のタイトルを燃素と名付けた。

(小林あずさ)
【場所】 awai art center  
【日程】 会期|2018年3月9日(金)〜4月8日(日)
休廊|月-木, 3/17(土) 
【時刻と特記事項】 時間|12:00-19:00
   ※最終日は17時まで 
【チケット料金】 入場料|400円(awaiで使えるチケット付, 後日再入場可) 
【お問い合わせ先】 awaiartcenter@gmail.com 
【公式ホームページ】 https://awaiartcenter.tumblr.com/ 
*リンク先ホームページに掲載された内容については、当サイトは一切の責任を負いません。
展覧会・イベント情報検索
展覧会や施設などの名称を入力して「検索」ボタンを押してください。
ジャンルから検索
美術(美術館・ギャラリー)
歴史・民俗(博物館)
自然(動物園・科学館)
音楽・オペラ
ダンス
演劇
芸能
パフォーマンス
映像
その他
エリアから検索

上野エリア(上野・谷中・浅草)

皇居周辺(竹橋・九段下)

銀座エリア(銀座、有楽町、日比谷・新橋・日本橋)

渋谷・目黒エリア(原宿・渋谷・恵比寿・目黒)

港エリア(品川・高輪・六本木・赤坂・白金・青山)

新宿・世田谷エリア(新宿・初台・中野・下北沢・三軒茶屋)

両国・深川エリア(両国・錦糸町・清澄白河・深川)

池袋・城北エリア(池袋・王子・北千住・練馬・板橋)

臨海エリア(汐留・青海・有明・葛西)

多摩東部エリア(吉祥寺・三鷹・小金井・国分寺・調布・府中)

多摩西部エリア(町田・立川・八王子・高尾)

その他(御茶ノ水・大森・田町など)

日付から検索
2018年06月>>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30