東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > 展覧会・イベント情報 > 詳細情報
 
展覧会・イベント情報
展覧会やイベントの情報を検索できます。
SAKAI KOHTA (酒井恒太) 展 −私(貴方)という存在の証明−
「SAKAI KOHTA (酒井恒太) 展 −私(貴方)という存在の証明−」と題し、主に彫刻(木彫)を表現行為とし、“人とは何か”という問いを試み続けている酒井恒太氏の展覧会を開催いたします。
 酒井氏は今展について、「情報による間接的経験の過多。どこか実感の湧かない物事の連続。現代に生きる中で、あらためて人の本質を問うことの意義。循環の中で無秩序という一つの均衡状態を求めるこの世界に、対一体の関係性を見たのが人という存在であるということ。
 人に限らずあらゆる自然は意味を伴ってこの世に生まれてきたわけではないだろう。人はただそこに意義を見出すことでしか、その存在価値を理解することができなくなりつつある現代。こんな時代だからこそ、生きることとは何かという当たり前な問いの重要性をいま改めて感じている。それは各個人における自分自身の存在証明でもあるだろう。つまり問い続けることとは、生きているということ。
 行き着くところ、人とは何か。結局は皆、自分という主観的なフィルターを通じてしか世界を見ることはできない。しかしその過程を通じた世界観にこそ、身体性を通じた各個人のリアルがある。
他者を見つめることは、同時に自分を見つめること。そしてその先に、人とは何かという普遍的な問いの答えを思索する。
 おそらく人が人となった太古の昔から、そして私たちがいなくなるこの先の未来においても。ずっとその先の人たちもきっと変わらず、私たちが人として生きている限り、この行為を繰り返し続けているだろう。」と話してます。
 今年3月より韓国テグにおけるWOOSON GALLERYにて海外初となる個展を5月25日まで開催(6月23日まで会期延長の予定)するなど、近年は海外を中心に活動して酒井氏の造形と表現の狭間で最大限にその魅力を留めたインスタレーションで感じていただける展覧会となっております。
【場所】 Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi  
【日程】 2018年7月 2日(月)〜 7月14日(土) 
【時刻と特記事項】 11:00〜19:00(初日:13:00から/最終日は17:00まで)日曜・祝日休廊 
【チケット料金】 入場無料 
【所在地】 〒106-0032 東京都港区六本木7-8-9 深作眼科ビル1F・B1 
【お問い合わせ先】 hfg@fukasaku.jp 
【公式ホームページ】 http://www.f-e-i.jp/exhibition/4606/ 
*リンク先ホームページに掲載された内容については、当サイトは一切の責任を負いません。
【投稿者】 Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi 
展覧会・イベント情報検索
展覧会や施設などの名称を入力して「検索」ボタンを押してください。
ジャンルから検索
美術(美術館・ギャラリー)
歴史・民俗(博物館)
自然(動物園・科学館)
音楽・オペラ
ダンス
演劇
芸能
パフォーマンス
映像
その他
エリアから検索

上野エリア(上野・谷中・浅草)

皇居周辺(竹橋・九段下)

銀座エリア(銀座、有楽町、日比谷・新橋・日本橋)

渋谷・目黒エリア(原宿・渋谷・恵比寿・目黒)

港エリア(品川・高輪・六本木・赤坂・白金・青山)

新宿・世田谷エリア(新宿・初台・中野・下北沢・三軒茶屋)

両国・深川エリア(両国・錦糸町・清澄白河・深川)

池袋・城北エリア(池袋・王子・北千住・練馬・板橋)

臨海エリア(汐留・青海・有明・葛西)

多摩東部エリア(吉祥寺・三鷹・小金井・国分寺・調布・府中)

多摩西部エリア(町田・立川・八王子・高尾)

その他(御茶ノ水・大森・田町など)

日付から検索
2018年07月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31