東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > 展覧会・イベント情報 > 詳細情報
 
展覧会・イベント情報
展覧会やイベントの情報を検索できます。
歩きはじめる女性+目覚める収蔵品
京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab[D-lab]は、2018年度 KYOTO Design Lab デザイナー・イン・レジデンス・プログラムとしてマールース・テン・ボーマー氏、ノーム・トーラン氏と取り組んだ共同研究の作品展「歩きはじめる女性+目覚める収蔵品」を開催いたします。

京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab デザイナー・イン・レジデンスは、国際的な才能を一定期間D-labに招聘するプログラムです。招聘されたデザイナーは、京都の文脈に応答する作品を制作し、京都工芸繊維大学における専門研究をおこないます。

出展作家のマールース・テン・ボーマーは、オランダ出身のコンセプチュアル・シューズデザイナーで、日本の伝統的なフットウェアと歩き方の関係性や動作、女性の歩き方をリサーチし、アニメーションのキャラクターの歩き方に着目した映像作品を制作すると同時に、吹き付け和紙を用いたシューズをデザインしました。

また、映像作家のノーム・トーランは、京都工芸繊維大学美術工芸資料館に所蔵されているコレクションの背景に隠された歴史的・文化的・個人的な物語をひも解き、それらの新たな批評的解釈を可能にする映像作品を制作しました。

本展では、これらの作品を、制作過程のリサーチ資料とともに展示いたします。ぜひご来場ください。
【場所】 京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab東京ギャラリー  
【日程】 2018年6月29日[金] - 8月12日[日] 
【時刻と特記事項】 12:00-19:00 
【チケット料金】 無料 
【お問い合わせ先】 info@d-lab.kit.ac.jp 
【公式ホームページ】 http://www.d-lab.kit.ac.jp/events/2018/dir/ 
*リンク先ホームページに掲載された内容については、当サイトは一切の責任を負いません。
【投稿者】 京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab 
展覧会・イベント情報検索
展覧会や施設などの名称を入力して「検索」ボタンを押してください。
ジャンルから検索
美術(美術館・ギャラリー)
歴史・民俗(博物館)
自然(動物園・科学館)
音楽・オペラ
ダンス
演劇
芸能
パフォーマンス
映像
その他
エリアから検索

上野エリア(上野・谷中・浅草)

皇居周辺(竹橋・九段下)

銀座エリア(銀座、有楽町、日比谷・新橋・日本橋)

渋谷・目黒エリア(原宿・渋谷・恵比寿・目黒)

港エリア(品川・高輪・六本木・赤坂・白金・青山)

新宿・世田谷エリア(新宿・初台・中野・下北沢・三軒茶屋)

両国・深川エリア(両国・錦糸町・清澄白河・深川)

池袋・城北エリア(池袋・王子・北千住・練馬・板橋)

臨海エリア(汐留・青海・有明・葛西)

多摩東部エリア(吉祥寺・三鷹・小金井・国分寺・調布・府中)

多摩西部エリア(町田・立川・八王子・高尾)

その他(御茶ノ水・大森・田町など)

日付から検索
2018年07月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31