東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > 展覧会・イベント情報 > 詳細情報
 
展覧会・イベント情報
展覧会やイベントの情報を検索できます。
クライム・エブリ・マウンテンvol.2 「漆がつなぐ、アジアの山々」
しっとりとした光沢をもち、手に口に、優しくなじむ漆の椀。
日本をはじめとしたアジアの山地では古くから、漆を掻き、塗り、日々の生活の中に活かしてきました。

ウルシ科の樹木は世界中に800種近くありますが、その中でいわゆる〈漆〉として樹液が使用できるのはほんの数種しかありません。
その数種すべてが、日本から韓国・中国・ベトナム・タイ・ミャンマー・ラオス・ブータンにかけて続く照葉樹林帯の山間部に生育しています。

ウルシの木に傷を付けると粘りのある樹液を流し、やがて黒く固まって傷を修復しようとします。
まるで人間でいう血液のような自然治癒のちからを、この地域の人々は天然の防水剤、接着剤として活用してきました。
食器や家具、住居、装身具など日常のものから、儀礼の道具や宗教建築にも使われます。
漆と人の歴史は、実に1万年以上前にさかのぼるといわれています。

世界各地の民族の装いや道具、所作を撮影・研究してきた井上耕一氏は、1980年代よりそうした〈漆文化圏〉とでもいうべき地帯に通い、写真におさめ、また漆器も収集してきました。
黒地に赤と黄の色漆を施す中国・涼山彝(イ)族の酒器、チベットやブータンのバター茶を入れる漆碗、黒く光るミャンマーの托鉢用漆器や漆塗りの絵解き経典…。

井上氏所蔵のバリエーション豊かな漆製品約100点を現地の写真や映像も交えて展示し、漆とともに生きる人々の暮らしを紹介します。

イベントなど詳細は生活工房のホームページをご覧ください。
【場所】 世田谷文化生活情報センター 生活工房  
【日程】 2018年9月1日(土)〜10月21日(日) 
【時刻と特記事項】 9:00〜20:00 
【チケット料金】 入場無料 
【お問い合わせ先】 生活工房(03-5432-1543) 
【公式ホームページ】 http://setagaya-ldc.net/program/423/ 
*リンク先ホームページに掲載された内容については、当サイトは一切の責任を負いません。
展覧会・イベント情報検索
展覧会や施設などの名称を入力して「検索」ボタンを押してください。
ジャンルから検索
美術(美術館・ギャラリー)
歴史・民俗(博物館)
自然(動物園・科学館)
音楽・オペラ
ダンス
演劇
芸能
パフォーマンス
映像
その他
エリアから検索

上野エリア(上野・谷中・浅草)

皇居周辺(竹橋・九段下)

銀座エリア(銀座、有楽町、日比谷・新橋・日本橋)

渋谷・目黒エリア(原宿・渋谷・恵比寿・目黒)

港エリア(品川・高輪・六本木・赤坂・白金・青山)

新宿・世田谷エリア(新宿・初台・中野・下北沢・三軒茶屋)

両国・深川エリア(両国・錦糸町・清澄白河・深川)

池袋・城北エリア(池袋・王子・北千住・練馬・板橋)

臨海エリア(汐留・青海・有明・葛西)

多摩東部エリア(吉祥寺・三鷹・小金井・国分寺・調布・府中)

多摩西部エリア(町田・立川・八王子・高尾)

その他(御茶ノ水・大森・田町など)

日付から検索
2018年12月>>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31