東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム コンテスト情報・支援制度
トップ > 展覧会・イベント情報 > 詳細情報
 
展覧会・イベント情報
展覧会やイベントの情報を検索できます。
中沢研展
中沢研は1970年東京都生まれ。多摩美術大学大学院美術研究科絵画専攻を修了。主な展覧会に「MOTアニュアル1999 ひそやかなラディカリズム」(東京都現代美術館)、「横浜トリエンナーレ2001」(パシフィコ横浜)などがあります。針金やテグスなど視覚的ヴォリュームが希薄な素材を用い、展示空間に呼応したインスタレーションを制作する作家として国内外で高い評価を得ています。
本展では「四角」と題された新作インスタレーションを発表いたします。「柵」のイメージから着想を得たという本作は、直径3mmの鉄材のみという最小限の素材で構成されています。床と平行に200×40cmの長方形の枠が上下2段あり、それを支えるようにして高さ65cmほどの鉄棒約20本を垂直に溶接したものがオブジェの基本の形となっています。これとほぼ同型のオブジェが計21体、ゆるやかに列をなして空間に配置されており、少し離れたところから作品を眺めると、個々のオブジェが互いに関連しながら全体を形作り、線で描かれた一つの絵画のようにも見えます。
昨年刊行された中沢の作品集『Ken NAKAZAWA』のなかで、星野太氏は次のように述べています。「中沢の作品において重要なのは、単純な線や面を構成する形態が、時に意味を付与された形象として現れたり、時にただの物体として知覚されたりする、その絶え間ない交替の運動そのものである。中沢の作品は、そうしたわれわれの認知作用そのものを批判にかけるのだ。《4列》をはじめとする中沢研の近作は、その作品を注意深く見る者のうちに、以上のような経験を惹起する。ただし、その引き金となっているのは、算術的な規則への傾倒でもなければ、物質的な現前への信仰でもない。そこで生じている形態の明滅は、この美術作家の紛れもない「理性」の産物である。」
中沢の提示する新たな世界をどうぞご高覧ください。
【場所】 アンドーギャラリー  
【日程】 2018年9月11日(火)-11月24日(土)
日・月・祝日休 
【時刻と特記事項】 11:00-19:00 
【チケット料金】 無料 
【お問い合わせ先】 アンドーギャラリー
〒135-0023 東京都江東区平野3-3-6
tel. 03-5620-2165
email:office@andogallery.co.jp 
【公式ホームページ】 http://www.andogallery.co.jp 
*リンク先ホームページに掲載された内容については、当サイトは一切の責任を負いません。
展覧会・イベント情報検索
展覧会や施設などの名称を入力して「検索」ボタンを押してください。
ジャンルから検索
美術(美術館・ギャラリー)
歴史・民俗(博物館)
自然(動物園・科学館)
音楽・オペラ
ダンス
演劇
芸能
パフォーマンス
映像
その他
エリアから検索

上野エリア(上野・谷中・浅草)

皇居周辺(竹橋・九段下)

銀座エリア(銀座、有楽町、日比谷・新橋・日本橋)

渋谷・目黒エリア(原宿・渋谷・恵比寿・目黒)

港エリア(品川・高輪・六本木・赤坂・白金・青山)

新宿・世田谷エリア(新宿・初台・中野・下北沢・三軒茶屋)

両国・深川エリア(両国・錦糸町・清澄白河・深川)

池袋・城北エリア(池袋・王子・北千住・練馬・板橋)

臨海エリア(汐留・青海・有明・葛西)

多摩東部エリア(吉祥寺・三鷹・小金井・国分寺・調布・府中)

多摩西部エリア(町田・立川・八王子・高尾)

その他(御茶ノ水・大森・田町など)

日付から検索
2019年09月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30