東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > 展覧会・イベント情報 > 詳細情報
 
展覧会・イベント情報
展覧会やイベントの情報を検索できます。
Institute of Asian Performance Art: Tokyo TOKAS Project Vol.1 日/中/韓パフォーマンスとメディア 70's-90's
本展の企画者、ヴィクター・ワンは、東アジアにおけるパフォーマンス・アートの歴史と発展を調査しており、2017年TOKASレジデンス・プログラムに参加し、ハイレッド・センターやゼロ次元など、1960〜70年代の前衛芸術活動をとおして、日本におけるパフォーマンス・アートの歴史を考察しました。

当時のアーティストたちは、従来とは異なる新しい表現としてパフォーマンスを模索する一方で、その一過性のパフォーマンスは映像や写真で記録され、ビデオアート作品として残るようになりました。

その後、彼らはそのメディアを巧みに使い、表現の幅を広げていきました。ビデオという当時では新しい技術と映像表現により、西洋美術史の文脈にとらわれることなく、独自の美学とアプローチによって、自己や社会の変革を意識するような作品を制作することができたのです。

2018年9月にロンドンのディヴィッド・ロバーツ・アート・ファウンデーション(DRAF)でもワン企画による同タイトルの展覧会が開催され、高松次郎や平田実、キム・グリムら1950年代後半から70年代に活動したアーティストの作品が展示されます。DRAFでの展示に続き実施する本展では、日本、中国、韓国でビデオアートの先駆者とされるアーティスト、出光真子、ジャン・ペイリー、パク・ヒョンギの3名に焦点を当て、当時の作品を紹介しながら、現代へと繋がる潮流を辿ります。

アーティスト: 出光真子、ジャン・ペイリー、パク・ヒョンギ
キュレーター: ヴィクター・ワン
【場所】 トーキョーアーツアンドスペース  
【日程】 会期:2018年10月13日(土) 〜11月11日(日)
休館:10/15・22・29、11/5 
【時刻と特記事項】 会場:トーキョーアーツアンドスペース本郷
時間:11:00-19:00 
【チケット料金】 無料 
【お問い合わせ先】 トーキョーアーツアンドスペース本郷 Tel.03-5689-5331 
【公式ホームページ】 http://www.tokyoartsandspace.jp/ 
*リンク先ホームページに掲載された内容については、当サイトは一切の責任を負いません。
展覧会・イベント情報検索
展覧会や施設などの名称を入力して「検索」ボタンを押してください。
ジャンルから検索
美術(美術館・ギャラリー)
歴史・民俗(博物館)
自然(動物園・科学館)
音楽・オペラ
ダンス
演劇
芸能
パフォーマンス
映像
その他
エリアから検索

上野エリア(上野・谷中・浅草)

皇居周辺(竹橋・九段下)

銀座エリア(銀座、有楽町、日比谷・新橋・日本橋)

渋谷・目黒エリア(原宿・渋谷・恵比寿・目黒)

港エリア(品川・高輪・六本木・赤坂・白金・青山)

新宿・世田谷エリア(新宿・初台・中野・下北沢・三軒茶屋)

両国・深川エリア(両国・錦糸町・清澄白河・深川)

池袋・城北エリア(池袋・王子・北千住・練馬・板橋)

臨海エリア(汐留・青海・有明・葛西)

多摩東部エリア(吉祥寺・三鷹・小金井・国分寺・調布・府中)

多摩西部エリア(町田・立川・八王子・高尾)

その他(御茶ノ水・大森・田町など)

日付から検索
2018年11月>>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30