東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム コンテスト情報・支援制度
トップ > 展覧会・イベント情報 > 詳細情報
 
展覧会・イベント情報
展覧会やイベントの情報を検索できます。
日日是アート ニューヨーク、依田家の50年 展
1966年、26歳の依田寿久は横浜から2週間の船旅を終えてロサンゼルスに着きました。荷物は画材の詰まったトランクふたつ。そこで8ヶ月間働いて、本来の目的のニューヨークに向かいます。ベトナム戦争反対の3万人のデモのなか、1967年の春、念願のニューヨークに到着しました。

当初2年で帰る予定でしたが寿久は戻りません。追うようにして1969年、同じ武蔵野美術大学に通った順子は、寿久同様2年で帰ると両親に言い残して羽田からニューヨークに向かいます。ニューヨークに着いたのは1969年1月9日、寒い雪の日でした。

それから、今年で50年です。
1972年8月19日、渡米後はじめて帰国した寿久と順子は日本で洋一朗を生み、その3ヵ月後、ふたたびニューヨークに返りました。
それからでも47年です。両親同様画家となった洋一朗も47歳になります。

今、彼ら3人は、ニューヨークのロウアーマンハッタンにある5階建てビルの4階ワンフロアを自宅兼アトリエとして、日々制作に励んでいます。

彼らにとって日常とアートを分けるものはなんでしょうか。そもそもそこに境界はあるのでしょうか。彼らといわず我らといわず、さて、アートとはなにか特別なはからいごとなのでしょうか。
彼ら3人の作品と生活は、そんなことを問うているようにも見えます。いや、おそらくそうではなくて、そこにはただ、生活があるのでしょう。日々の生活が、そこにはただあるのでしょう。

三人の画家の50年を、どうぞごゆっくりご体験ください。


画像:展覧会チラシ
【場所】 三鷹市美術ギャラリー  
【日程】 2019年6月29日(土)〜2019年9月8日(日) 
【時刻と特記事項】 休館日:月曜日(7/15、8/12は開館)、7/16(火)、8/13(火)
観覧時間:10:00-20:00(入館は19:30まで) 
【チケット料金】 観覧料:
一般800円、65歳以上・学生(高・大)500円
中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方は無料 
【チケット購入先】 展覧会場 
【お問い合わせ先】 三鷹市美術ギャラリー
〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-35-1
JR三鷹駅(南口)前CORAL5階
TEL 0422-79-0033 
【公式ホームページ】 http://mitaka-sportsandculture.or.jp/gallery/ 
*リンク先ホームページに掲載された内容については、当サイトは一切の責任を負いません。
展覧会・イベント情報検索
展覧会や施設などの名称を入力して「検索」ボタンを押してください。
ジャンルから検索
美術(美術館・ギャラリー)
歴史・民俗(博物館)
自然(動物園・科学館)
音楽・オペラ
ダンス
演劇
芸能
パフォーマンス
映像
その他
エリアから検索

上野エリア(上野・谷中・浅草)

皇居周辺(竹橋・九段下)

銀座エリア(銀座、有楽町、日比谷・新橋・日本橋)

渋谷・目黒エリア(原宿・渋谷・恵比寿・目黒)

港エリア(品川・高輪・六本木・赤坂・白金・青山)

新宿・世田谷エリア(新宿・初台・中野・下北沢・三軒茶屋)

両国・深川エリア(両国・錦糸町・清澄白河・深川)

池袋・城北エリア(池袋・王子・北千住・練馬・板橋)

臨海エリア(汐留・青海・有明・葛西)

多摩東部エリア(吉祥寺・三鷹・小金井・国分寺・調布・府中)

多摩西部エリア(町田・立川・八王子・高尾)

その他(御茶ノ水・大森・田町など)

日付から検索
2019年08月>>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31