東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム コンテスト情報・支援制度
トップ > 展覧会・イベント情報 > 詳細情報
 
展覧会・イベント情報
展覧会やイベントの情報を検索できます。
浮かんでいる風景
八太栄里 個展 「浮かんでいる風景」

2019/7/20(土) -8/9(金) 12:00-19:00  (日、月、祝 -休廊)
オープニング・レセプション 7/20(土) 17:00-19:00

「浮かんでいる風景」

私の制作はスマホで風景を撮影することからはじまる。
日常的に何でもスマホで撮影することが当たり前になった現代の私たちはスマホを介して新しい視点を獲得した。
スマホ越しに眺める風景はデジタル処理され、実際の形とは異なる姿で私たちの目にうつる。
そこではじめて肉眼では気付きにくい風景の新たな要素を見つけることができる。
私はこの中から特に「風景の浮遊感」を感じるものを選び、集めている。
この浮遊感というのは画面の構図そのものであったり、1つの物体が放つ存在感であったり、対象はさまざまだが、
その地に長く降り積もった時間や、そこにかつていたかもしれない誰かの気配のような目に見えないものを描くときの自分なりの手がかりになっている。
例えば道端の石仏や山の形など信仰に結びついた風景も、工事現場や人気のない農機具小屋などのありふれた風景も、
そこに浮遊感を見いだすことができれば私はその土地の記憶と気配を想像し、絵画に変換することを試みる。
デジタル撮影した風景をもう一度アナログに描き起こす行為は、実際の風景の場から距離を遠のかせて、
もしくは切り離してしまい、そこに新しい時間を与えて絵画の役割を作っていくことだと考えている。
時の経過の中で風景は同じ姿で残ることはない。
現実と絵画は時間を増すごとに乖離していき、ますます描かれた風景の浮遊感は加速していく。
やがてもう現実にはどこにもない風景があちこちに宙に浮かぶことになるだろう。
作品に閉じ込められた時間と、作品が存在する時間の2つの時間軸がその土地の記憶になって紡がれていく。
−八太栄里
【場所】 MASATAKA CONTEMPORARY  
【日程】 2019/7/20(土) -8/9(金) 
【時刻と特記事項】 12:00-19:00  (日、月、祝 -休廊) 
【チケット料金】 無料 
【お問い合わせ先】 info@masataka-contemporary.com 
【公式ホームページ】 http://www.masataka-contemporary.com/ 
*リンク先ホームページに掲載された内容については、当サイトは一切の責任を負いません。
展覧会・イベント情報検索
展覧会や施設などの名称を入力して「検索」ボタンを押してください。
ジャンルから検索
美術(美術館・ギャラリー)
歴史・民俗(博物館)
自然(動物園・科学館)
音楽・オペラ
ダンス
演劇
芸能
パフォーマンス
映像
その他
エリアから検索

上野エリア(上野・谷中・浅草)

皇居周辺(竹橋・九段下)

銀座エリア(銀座、有楽町、日比谷・新橋・日本橋)

渋谷・目黒エリア(原宿・渋谷・恵比寿・目黒)

港エリア(品川・高輪・六本木・赤坂・白金・青山)

新宿・世田谷エリア(新宿・初台・中野・下北沢・三軒茶屋)

両国・深川エリア(両国・錦糸町・清澄白河・深川)

池袋・城北エリア(池袋・王子・北千住・練馬・板橋)

臨海エリア(汐留・青海・有明・葛西)

多摩東部エリア(吉祥寺・三鷹・小金井・国分寺・調布・府中)

多摩西部エリア(町田・立川・八王子・高尾)

その他(御茶ノ水・大森・田町など)

日付から検索
2019年08月>>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31