東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > アーティスト解体新書
 
アーティスト解体新書
No.006
川端康成〈前編〉 
イラスト:豊島宙 構成・文:TAN編集部(合田真子)
今回紹介するのは、小説家の川端康成です。14歳で文学を志し、東京帝国大学文学部在学中に菊池寛に見出された川端は、横光利一などとともに「新感覚派」と称されました。大正から昭和までの文壇を生き抜き、日本近代文学に大きな足跡を残した川端には、さまざまなエピソードが残されています。晩年の異色作『眠れる美女』をもとにしたオペラが、12月に東京文化会館にて上演されるのを記念して、2回にわたり彼の選りすぐりのエピソードを紹介します。
川端康成(かわばた・やすなり 1899〜1972)
明治32年、大阪府茨木市生まれ。繊細な筆致で日本の古典的美を表現した小説家。代表作に『伊豆の踊子』『雪国』『山の音』『古都』『美しさと哀しみと』など多数。昭和43年(1968)、日本人初のノーベル文学賞を受賞


『伊豆の踊子』の薫や『雪国』の駒子、『浅草紅団』の弓子など、川端の小説に登場する魅力的なヒロインたち。そのキャラクターづくりは、実在の人物から着想を得ていることが多い。なかでも大きな影響を与えたのが、川端が東京帝国大学在学中、大学近くのカフェで働いていた伊藤初代だ。川端は、この6〜7歳年下の少女に夢中になり、婚約まで取りつけたが、突如として破談となってしまった。現在まで真相がさまざまに憶測されているこのできごとは、『南方の火』『篝火』『非常』などの作品の題材となったほか、晩年までの多数の作品に、初代の面影らしき少女のイメージが、くり返し確認できるという。


『伊豆の踊子』の薫や『雪国』の駒子、『浅草紅団』の弓子など、川端の小説に登場する魅力的なヒロインたち。そのキャラクターづくりは、実在の人物から着想を得ていることが多い。なかでも大きな影響を与えたのが、川端が東京帝国大学在学中、大学近くのカフェで働いていた伊藤初代だ。川端は、この6〜7歳年下の少女に夢中になり、婚約まで取りつけたが、突如として破談となってしまった。現在まで真相がさまざまに憶測されているこのできごとは、『南方の火』『篝火』『非常』などの作品の題材となったほか、晩年までの多数の作品に、初代の面影らしき少女のイメージが、くり返し確認できるという。


2歳で父、3歳で母を病でなくしてから、15歳までに肉親を次々と失い、天涯孤独となった川端には、気難しく孤独を好む人というイメージがついてまわった。無口であったことは確かなようだが、実際の川端は学生時代より多くの人々と交流し、仲間たちと『新思潮』『文藝時代』といった小説の同人誌を発行し、小説家として成功したのちも、情にあつく、面倒見のよい人物であった。また前半生、文芸評論家としても活動していた川端は、岡本かの子や梶井基次郎、伊藤整など、いくつもの優れた才能をいち早く見出しては、世に送り出していた。


2歳で父、3歳で母を病でなくしてから、15歳までに肉親を次々と失い、天涯孤独となった川端には、気難しく孤独を好む人というイメージがついてまわった。無口であったことは確かなようだが、実際の川端は学生時代より多くの人々と交流し、仲間たちと『新思潮』『文藝時代』といった小説の同人誌を発行し、小説家として成功したのちも、情にあつく、面倒見のよい人物であった。また前半生、文芸評論家としても活動していた川端は、岡本かの子や梶井基次郎、伊藤整など、いくつもの優れた才能をいち早く見出しては、世に送り出していた。


多忙と遅筆のため、締切に遅れることで知られた川端に、周囲の編集者たちは振り回された。NHK連続テレビ小説〈とと姉ちゃん〉のモデルで雑誌『暮らしの手帖』を創刊した大橋鎭子(おおはし・しずこ 1920-2013)も、その一人だ。駆け出しの編集者だった頃、川端へ寄稿を依頼する大役を命じられた大橋。川端は快諾したが、約束の日に家に行くと原稿はできていなかった。「何日後に」という約束を信じ、再訪しては破られること5回。我慢強い大橋も、思わず玄関先で涙をあふれさせてしまった。慌てた川端は、「書いてあげる、書いてあげる」となだめて、2時間で原稿を仕上げたという。<(下)に続く>


多忙と遅筆のため、締切に遅れることで知られた川端に、周囲の編集者たちは振り回された。NHK連続テレビ小説〈とと姉ちゃん〉のモデルで雑誌『暮らしの手帖』を創刊した大橋鎭子(おおはし・しずこ 1920-2013)も、その一人だ。駆け出しの編集者だった頃、川端へ寄稿を依頼する大役を命じられた大橋。川端は快諾したが、約束の日に家に行くと原稿はできていなかった。「何日後に」という約束を信じ、再訪しては破られること5回。我慢強い大橋も、思わず玄関先で涙をあふれさせてしまった。慌てた川端は、「書いてあげる、書いてあげる」となだめて、2時間で原稿を仕上げたという。<後編に続く>


監修:国書刊行会

東京文化会館開館55周年・日本ベルギー友好150周年記念
オペラ「眠れる美女〜House of the Sleeping Beauties〜」

2016年12月10日 (土) ・12月11日 (日)
東京文化会館大ホール

女の寝姿が遠い記憶を呼び覚ます――川端康成の晩年の異色作『眠れる美女』をオペラ化。2009年にベルギーで初上演。その後もヨーロッパ各地で上演され、高い評価を得たオペラが、いよいよ日本に上陸します。
http://www.t-bunka.jp/sponsership/spo_161210_11.html

創作活動サポート
メンバー登録
東京のアートシーンを共に創造するメンバーを募集しています!
アーティストの方はこちら
あなたの作品や活動をTokyoから世界に向けて発信してみませんか?
サポーターの方はこちら
創作活動をサポートするギャラリーや稽古場の登録、展覧会やイベントを投稿できます。
デジタルミュージアム
美術館・博物館の収蔵作品2万点以上の
デジタルアーカイブ
東京・ミュージアム ぐるっとパス
詳しくはこちら