東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム コンテスト情報・支援制度
トップ > アーティスト解体新書
 
アーティスト解体新書
No.033
やなせたかし〈後編〉
Illustration:豊島宙
やなせたかしは94歳まで現役漫画家・絵本作家として活動し、たくさんの物語とキャラクターを世に送り出しました。彼が生み出したキャラクターは1,700を超え、赤ちゃんからお年寄りまでみんなに愛されています。後編では、代表作である『アンパンマン』を軸に、やなせが生涯を通じて伝えたかった想いを掘り下げます。
やなせたかし(1919-2013)
本名・柳瀬嵩。1919年に生まれ、父母の郷里である高知県で育つ。童謡『手のひらを太陽に』の作詞、アニメーション映画『千夜一夜物語』(虫プロダクション)の美術監督、絵本『やさしいライオン』(フレーベル館)の制作など多彩な創作活動を展開した。50歳の時に雑誌『PHP』に大人向けのメルヘンとして「アンパンマン」を発表。その後、初めて幼児向けの絵本として発表したキンダーおはなしえほん『あんぱんまん』(フレーベル館)で人気を博した。そのほか、地域や企業のイメージキャラクターのデザインも数多く手がけている。

2020.1.8

アンパンマン誕生秘話

アンパンマン誕生秘話
アンパンマンの初登場は1969年、雑誌『PHP』に連載した大人向け童話の一つとしてである。はじめは飢えた子供たちにあんパンを配る、マントの焼け焦げた太ったおじさんだった。現在に近い姿で登場するのは、1973年の絵本『あんぱんまん』(フレーベル館)からだ。自らの顔を食べさせるという設定に、出版社には顔をしかめられ、大人からは「顔を食べさせるのは残酷」と手紙が来たが、絵本がすぐにボロボロになってしまうほど子供たちには大人気だった。それを知ったテレビ局のプロデューサーの熱意で、1988年に『それいけ!アンパンマン』としてテレビアニメ化される。

本当の正義の味方はかっこ悪い

本当の正義の味方はかっこ悪い
1941年に徴兵され、戦争で一番辛かったのは、飢えだとやなせは語る。また、戦争が終わった途端に「正義」の論理は逆転するものだと思い知らされたという。そんなやなせは、「逆転しない正義とは献身と愛」であり、「本当の正義とは、例えば空腹の人に一片のパンを与えることである」と考えるようになる。そうした自らの考えが、自分の顔を食べさせ、その顔が濡れたり汚れたりすると力が出なくなってしまうアンパンマンのような、独自の「正義の味方」像を形づくっていった。

すべての人の心に寄り添う存在

すべての人の心に寄り添う存在
「子供だからといってグレードを下げてはいけない」と、やなせは子供から大人まですべての人に向けた作品づくりを心がけていた。それは、自身が作詞した「なんのために生まれて/なにをして生きるのか」と歌う『アンパンマンのマーチ』の哲学的な歌詞にも表れている。
東日本大震災の時、ラジオから流れた『アンパンマンのマーチ』に子供たちの大合唱が起き、心打たれた大人たちは涙を流した。やなせの想いと優しさの詰まった作品たちは、どんな時も、誰の心にも寄り添ってくれる存在となっている。
<完>

協力:(公財)やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団

Text:浅野靖菜

香美市立やなせたかし記念館
やなせたかしの多彩な創作世界を収集・研究・公開するために、1996年に開館。敷地内には、アンパンマンの世界を体感できる「アンパンマンミュージアム」、雑誌『詩とメルヘン』の作品を鑑賞できる「詩とメルヘン絵本館」などがある。

住所:高知県香美市香北町美良布1224-2
電話:0887-59-2300
http://anpanman-museum.net
豊島宙(とよしま・そら)
イラストレーター。1980年茨城県生まれ。パレットクラブスクール卒業。
国内外問わず、雑誌、広告、WEB、アパレルを中心に活動中。サッカー関連のイラストレーション、メンズファッションイラストレーション、似顔絵を得意とする。
http://soratoyoshima.net
創作活動サポート
メンバー登録
東京のアートシーンを共に創造するメンバーを募集しています!
アーティストの方はこちら
あなたの作品や活動をTokyoから世界に向けて発信してみませんか?
サポーターの方はこちら
創作活動をサポートするギャラリーや稽古場の登録、展覧会やイベントを投稿できます。
デジタルミュージアム
東京・ミュージアム ぐるっとパス
詳しくはこちら