東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > アートの視点
 
アートの視点
No.005
東京都写真美術館 「写真のエステ-コスモス 写された自然の形象」
ゲスト:アーティスト 川久保ジョイさん
「トーキョー・アート・ナビゲーション大学」の授業は、前回に引き続き東京都写真美術館が舞台です。9月21日から始まった、「コスモス-写された自然の形象」の作品を見るため、小山学長たちが訪れたのは美術館の収蔵庫。木・火・土・金・水の五つのキーワードでひも解く写真の魅力を、学芸員の解説を聞きながら探ります。
撮影:林道子 作品図版提供:東京都写真美術館

初めて出展される収蔵作品も

東京都写真美術館では、毎年テーマを設定し、3期に分けてコレクション展を開催している。今年度テーマは、「写真のエステ」。『五つのエレメント』『写真作品のつくりかた』に続き、目下、第3弾にあたる『コスモス-写された自然の形象』が開催中だ。
小山学長とゲスト・アーティストの川久保ジョイさんは、収蔵庫へと向かった。同展出品作を特別に見せてもらうためだ(取材時は開催前)。学芸員の米崎清実さんに解説をお願いした。

米崎 コレクション展は、3人の学芸員が一人ひとりそれぞれの眼差しで作品を選びます。私は、対象物(被写体)に美しさを見出そうというテーマを設定しました。

小山 収蔵点数はどれくらいあるんですか?

米崎 およそ2万9千点ですね。

川久保 すごいっ、そんなに!

米崎 ただ、収蔵していても展示したことがない作品も多くあります。今回は7割くらいが初出展となります。

収蔵庫にて。プリントの酸化を防ぐため、作品とマットの間に特殊なシートを敷く
収蔵庫にて。プリントの酸化を防ぐため、作品とマットの間に特殊なシートを敷く

小山 あらためて収蔵品をご覧になって、何か新しい発見はありましたか?

米崎 図録や写真集では見られないマチエール(材質)や質感があらためて分かりましたね。

小山 ところで、米崎さんがいちばん好きな写真家って、誰ですか?

川久保 いい質問です! それ、聞きたい!

米崎 いやあ、誰でしょうねえ……(笑)。

小山 ダメですよ、ちゃんと答えてくれないと。

米崎 すみません、ちょっと、それは……。それよりも、写真をご覧下さい。本展では自然を写した写真を選びましたが、自然を木・火・土・金・水の五つに分類しました。たとえば火の作品のひとつが、野町和嘉のもの。そして、こちらは土は……。

小山 あっ、柴田さんだ。

川久保 ですよね。プリントがきれいで、かっこいい。

米崎 ええ、そのとおり。柴田敏雄の《愛媛県今治市》です。

柴田敏雄 《in color》より 愛媛県今治市 2007年 発色現像方式印画
柴田敏雄 《in color》より 愛媛県今治市 2007年 発色現像方式印画

小山 柴田さんって、こういう光景をどうやって見つけるんだろ?

川久保 車に撮影機材を積んで、ひたすら走ると聞きましたよ。

米崎 土からもう1点、お見せしましょう。

小山 松江さんですね。この人も車でいろいろと出かけるんだよね。

米崎 はい、松江泰治の《TOROS TURKEY》です。

川久保 松江さんは、淡いプリントが独特ですよね。しかも、この写真は白トビ(白一色になる)ぎりぎりのプリントが特徴的です。

小山 人間の視覚を越えた感じがあるね。

米崎 それに、こういう光景って、普通なら撮りませんよね。

小山 東大地理学科を出てますからね。地層学的に惹かれる光景だったのかも。

松江泰治 TOROS TURKEY 1994年 ゼラチン・シルバー・プリント
松江泰治 TOROS TURKEY 1994年 ゼラチン・シルバー・プリント

左から、川久保ジョイさん、小山登美夫さん、解説をしていただいた学芸員の米崎清実さん
左から、川久保ジョイさん、小山登美夫さん、解説をしていただいた学芸員の米崎清実さん


学芸員の個性が出る展覧会

米崎 そしてこちらが、中国・北京在住の写真家ユニット、榮榮&映里(ロンロンアンドインリ)による《Untitled no.25 2008》です。

榮榮&映里 《Untitled no.25 2008》 2008年 ゼラチン・シルバー・プリント
榮榮&映里 《Untitled no.25 2008》 2008年 ゼラチン・シルバー・プリント

作品から何を読み解き、分類するか。学芸員の個性が発揮される場面
作品から何を読み解き、分類するか。学芸員の個性が発揮される場面
写真提供:東京都写真美術館

小山 これは、何に分類したんですか?

米崎 木にしました。

小山 そのココロは?

米崎 木というキーワードには、成長といった意味を込めています。この写真は、二人にとってプライベートな作品で、二人の成長の象徴として木にしました。

小山 なるほど。今年のコレクション展、三人の学芸員の個性が出ていて、実に面白い。それに、図録では各学芸員の名前が自筆サインで載っていて、「責任持って選びました」感があっていい。これ、画期的なアイデア。

川久保 写真を撮る人と選ぶ人は、写真への視点が当然違う。今回は、自分にはない視点が楽しめました。

それから川久保さんは、小山学長に向けて自作について語り始めた。彼はイギリスのケルト文化圏や、国内では那智の滝など伝説の場所に出かけて大型カメラで写真を撮ってきた。だが、写真とは何かと考えるうち、スキャナーに被写体を置いて「撮影」したり、シャッターを切るまでの息づかいや自然の音を録音した「写真作品」を発表するようになる。

小山 写真から距離を置いた作品制作に取り組んでも、基本的には写真につながってるね。そこが面白い。

川久保ジョイ The medium IV 2012年 ピグメントプリント
川久保ジョイ The medium IV 2012年 ピグメントプリント

川久保ジョイ 那智滝 2011年 ピグメントプリント
川久保ジョイ 那智滝 2011年 ピグメントプリント


構成/新川貴詩

もっと知りたい! 東京都写真美術館

1995年に開館した、日本で初めての写真と映像の専門美術館。国内外の作家の作品2, 9000点以上を収蔵する。そのなかから選りすぐられた名作を紹介するコレクション展、第3期の「写真のエステ-コスモス 写された自然の形象」は9月21日から11月17日まで開催中。写された自然そのものの美しさのみならず、そこに込められた隠喩、作家の意図や心性など、背後にあるメッセージを読み解く。美術館サイトでは、コレクション展を担当学芸員がどんな視点で選んでいるのかも紹介されている。http://www.syabi.com

小山登美夫(こやま・とみお)

1963年、東京都生まれ。東京芸術大学芸術学科卒業。西村画廊、白石コンテンポラリーアートを経て、96年に独立し、小山登美夫ギャラリーを開始。奈良美智や村上隆らの展覧会を開催、現在は菅木志雄、杉戸洋、蜷川実花ら日本人アーティストとともに、海外のアートフェアへも積極的に参加。最近の展覧会では 11月2日からはロンドン在住の女性作家ヴァルダ・カイヴァーノの個展を開催。渋谷ヒカリエ内の8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Galleryでは11月11日までミラノ在住の廣瀬智央展、11月17日からは陶芸作家アダム・シルヴァーマンの個展も。清澄、渋谷、シンガポールでギャラリーを展開中。
http://www.tomiokoyamagallery.com

小山登美夫(こやま・とみお)

川久保ジョイ(かわくぼ・じょい)

1979年、スペイン・トレド市生まれ。18歳までスペインに滞在し、2003年、筑波大学人間学部卒業。05年に同大大学院を中退し、金融業界に就職、トレーダーを務め、2年後に退職し、制作活動を開始。主な個展に「零像 - Infininte vision」(13年、Tokyoarts Gallery、東京)、「みえない Beyond the horizon」(13年、西武渋谷オルタナティブスペース)、「The Colossus drive and the black sun」(12年、hpgrp GALLERY東京)など多数。
http://www.yoikawakubo.com

川久保ジョイ(かわくぼ・じょい)

創作活動サポート
メンバー登録
東京のアートシーンを共に創造するメンバーを募集しています!
アーティストの方はこちら
あなたの作品や活動をTokyoから世界に向けて発信してみませんか?
サポーターの方はこちら
創作活動をサポートするギャラリーや稽古場の登録、展覧会やイベントを投稿できます。
メールマガジン登録申し込み
デジタルミュージアム
美術館・博物館の収蔵作品2万点以上の
デジタルアーカイブ
東京・ミュージアム ぐるっとパス
詳しくはこちら