東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
展覧会・イベント情報 アーティストファイル エッセンス ビジョン スポット
マイページ サイトマップ
Tokyo Art Navigationとは?
TOPICS
TOP
トップ > トーキョー・アートスポット
トーキョー・アートスポット

第2章 パリの市民生活の哀歓
ポール・ジェニオー「四旬節中日(ミ・カレーム)の服装をした子ども」1900年頃 17.8×12.6cm オルセー美術館 (C)Photo RMN -(C)Rene´- Gabriel Oje´da/distributed by DNPAC
19世紀中頃から世紀末、モンマルトルの丘に、カフェやダンスホールができ、各地から芸術家が集まってきました。画家は自分たちの日常を描き写真家は市民たちの生活の記録を残すようになりました。
写真だと当時の様子がリアルにわかる...
第3章 パリジャンとパリジェンヌ-男と女のドラマI 絵画
19世紀中頃の文学界は「レ・ミゼラブル」のユゴー、「三銃士」のデュマ、「人間喜劇」のバルザックなど、名だたる文豪たちが活躍し、絵画と相互に影響し合っていました。ユゴーは自分でも絵を描いていました
展示予定の1枚の絵「ユッテルの家族」からも、当時の芸術家たちの人間関係を知ることができます。
シュザンヌ・ヴァラドン「ユッテルの家族」1921年 ボンビドゥー・センター (c)Photo CNAC/MNAM Dist. RMN - (c) Jacqueline Hyde / distributed by DNPACこの絵の作者はユリトロの母シュザンヌ・ヴァラドン
彼女はルノワールやロートレックのモデルをしていまいした。独自に絵画を学び、作曲家のサティと交際したり、ユリトロの友人ユッテルと恋に落ち、結婚…と自由奔放。その頃のユリトロはひどいアルコール依存に悩まされていました。ユリトロの絵もそんな背景を想像しながら見ると新たな発見があるかもしれませんね!シュザンヌの描いたサティの肖像画も見ることができます!

前へ 次へ
創作活動サポート
メンバー登録
東京のアートシーンを共に創造するメンバーを募集しています!
アーティストの方はこちら
あなたの作品や活動をTokyoから世界に向けて発信してみませんか?
サポーターの方はこちら
創作活動をサポートするギャラリーや稽古場の登録、展覧会やイベントを投稿できます。
メールマガジン登録申し込み
デジタルミュージアム
東京・ミュージアム ぐるっとパス2007
詳しくはこちら