東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
展覧会・イベント情報 アーティストファイル エッセンス ビジョン スポット
マイページ サイトマップ
Tokyo Art Navigationとは?
TOPICS
TOP
トップ > トーキョー・アートスポット
トーキョー・アートスポット
東京駅から徒歩10分圏内でアートを楽しむ
東京駅周辺エリアの美術館

再開発が進む東京駅周辺エリア。駅から徒歩10分圏内には、出光美術館やブリヂストン美術館、三井記念美術館など、企業の創業者がそのコレクションを公開するために開館した美術館が点在し、4月には新たに三菱一号館美術館がオープンしました。今回は、20世紀美術の名画から古美術、映画まで、独自の収蔵品で企画展を展開している5つの美術館を紹介。今後に開催される予定の展覧会情報もありますので、美術館巡りの参考に!
 三菱一号館美術館

 明治時代にジョサイア・コンドルの設計で建築されたオフィスビル「三菱一号館」(1968年に解体)を復元し、美術館として2010年4月に開館。ホワイトキューブの美術館とは異なり、大小様々な20室の空間で作品を鑑賞できる。19世紀の近代美術作品を中心に、年3〜4回の企画展が予定され、今後は「三菱が夢見た美術館―岩崎家と三菱ゆかりのコレクション」(8月24日〜11月3日)、「レンバッハハウス・ミュンヘン市立美術館所蔵『カンディンスキーと青騎士』」(11月23日〜2011年2月6日)などが開催される。

■開催中の展覧会「開館記念展〈I〉マネとモダン・パリ」
後の印象派に多大な影響を与えた画家、エドゥアール・マネ。その芸術の全貌を、パリという都市の変貌とあわせて紹介する本展では、マネの油彩、素描、版画およそ80点と、ドガ、ゴーガン、シニャックなどの同時代の作家の作品約80点を一挙公開する。
会期/4月6日(火)〜7月25日(日)
休館/月曜日(7月19日は開館)
時間/10:00〜20:00(水・木・金)、10:00〜18:00(火・土・日・祝)
※入館は閉館の30分前まで
料金/一般1,500円、大・高校生1,000円、中・小学生500円
交通/JR東京駅丸の内南口より徒歩5分 他
http://mimt.jp/manet/


三菱一号館美術館外観

エドゥアール・マネ すみれの花束をつけたベルト・モリゾ 1872年 油彩、カンヴァス オルセー美術館
エドゥアール・マネ すみれの花束をつけたベルト・モリゾ 1872年 油彩、カンヴァス オルセー美術館

 三井記念美術館

 三井家と三井グループが、江戸時代から300年かけて収集した日本・東洋の美術品約4000点と切手約13万点が収蔵され、その中には国宝6点、重要文化財71点、重要美術品4点を含む。「特別展 円山応挙―空間の創造」(10月9日〜11月28日)では、応挙の傑作《雪松図屏風》(国宝)が、「室町三井家の名品〜卯花墻と松の茶屋」(12月3日〜2011年1月29日)では、志野茶碗《卯花墻》(国宝)が出品される。昭和初期に建てられた洋風建築の建物と、その空間に再現された茶室「如庵」のつくりも見どころとなっている。

■開催中の展覧会「江戸を開いた天下人 徳川家康の遺愛品」
「江戸を開いた天下人 徳川家康とその一生」「家康所蔵の茶道具 名物道具と手沢品」「交易と究理へのまなざし」「家康の書画と公文書」「文房・調度・染織と日常の品々」という展示構成で、深い教養と広い趣味、世界的な視野をもった文化人、徳川家康に迫る展覧会。
会期/4月14日(水)〜6月20日(日)
休館/月曜日
時間/10:00〜17:00、土曜日は10:00〜19:00
※入館は閉館の30分前まで
料金/一般1,200円、大・高校生700円
交通/JR東京駅日本橋口より徒歩7分 他
http://www.mitsui-museum.jp/


三井記念美術館外観

重要文化財 洋時計(スペインマドリード製) 1581年 久能山東照宮所蔵
重要文化財 洋時計(スペインマドリード製) 1581年 久能山東照宮所蔵

 ブリヂストン美術館

 株式会社ブリヂストンの創業者、石橋正二郎のコレクションを中心に公開し、年に3〜4回の企画展を開催。所蔵作品は、モネの《睡蓮》、セザンヌの《サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール》他、ルノワール、マティス、ピカソなどの名画と、藤田嗣治、安井曾太郎など日本の近代洋画が中心で、その数は約1,600点にも及ぶ。今後開催予定の「ヘンリー・ムア―生命(いのち)のかたち」(7月31日〜10月17日)、「セーヌの流れに沿って―印象派と日本人画家たちの旅」(10月30日〜12月23日)では、他館からも作品を借用し、テーマに沿った展示が行われる。

■開催中の展覧会「印象派はお好きですか?」
色彩豊かな画面に光を表現する印象派が生まれた19世紀後半のパリ。マネ、モネ、ルノワールらは都市生活を題材に作品を発表し、その表現はセザンヌ、ゴーガン、ゴッホなどのポスト印象派から20世紀美術にまで継承された。改めて印象派の魅力を探る展覧会。
会期/4月20日(火)〜7月25日(日)
休館/月曜日(7月19日は開館)、7月20日(火)
時間/10:00〜20:00(火〜土)、10:00〜18:00(日・祝)
※入館は閉館の30分前まで
料金/一般800円、65歳以上600円、大・高校生500円
交通/JR東京駅八重洲中央口より徒歩5分
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/


ブリヂストン美術館外観

ピエール=オーギュスト・ルノワール すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢 1876年
ピエール=オーギュスト・ルノワール すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢 1876年

 出光美術館

 出光興産の創業者、出光佐三のコレクションからスタートした美術館。やまと絵、文人画、肉筆浮世絵や琳派など日本の書画や、中国・日本の陶磁器などが収蔵され、年6〜7回、テーマに沿って展覧会を開催。秋と来年冬に開催予定の「生誕260年 仙 ―禅とユーモア―」(9月18日〜11月3日)、「酒井抱一生誕250年 琳派芸術 ―光悦・宗達から江戸琳派―」(2011年1月8日〜3月21日)は注目の企画。世界有数のコレクションとして知られるルオーの作品と、オスロ市立ムンク美術館より特別に貸し出されているムンクの作品は、展示替えを行いながら常設展示されている。

■開催予定の展覧会「日本の美・発見IV 屏風の世界 ―その変遷と展開―」
風よけの調度品として中国で生まれた屏風は、四季絵が描かれたり金箔や扇面が貼付されたりと日本独自の発展を遂げてきた。展覧会では室町から江戸時代の優品を並べ、その変遷を展観する。花鳥画、物語絵、風景画からなる屏風の世界を堪能できる充実の内容。
会期/6月12日(土)〜7月25日(日)
休館/月曜日(7月19日は開館)
時間/10:00〜17:00、金曜日は10:00〜19:00
※入館は閉館の30分前まで
料金/一般1,000円、大・高校生700円
交通/JR有楽町駅国際フォーラム口より徒歩5分 他
http://www.idemitsu.co.jp/museum/


出光美術館内観

南蛮屏風(六曲一双の内、左隻) 桃山時代 出光美術館蔵
南蛮屏風(六曲一双の内、左隻) 桃山時代 出光美術館蔵

 東京国立近代美術館フィルムセンター

日本で唯一の国立映画機関で、所蔵する映画作品の上映、資料をテーマごとに展示する企画展を実施している。2010年度はフィルムセンター開館40周年を記念する3つの上映企画があり、これまでに収集された映画フィルムを最新コレクションを含めて公開。また「生誕百年 映画監督 黒澤明」(11月9日〜12月26日)では、デビュー作から遺作まで上映。同時期に開催する企画展では、「世界のクロサワ」が生み出した名作にまつわる資料を展示し、映画と資料の双方向から作品の理解を深めることができる。

■開催中の映画会「EUフィルムデーズ2010」
ヨーロッパ映画と、映画製作者の幅広い才能を紹介するユニークな映画祭。8回目となる今回は、日本未公開作品8本を含む、EU加盟国22か国の22作品を上映する。作品には、EUが重視する文化的多様性がさまざまな表現で映し出されている。
会期/5月28日(金)〜6月20日(日)
休館/月曜日
時間/上映作品による
料金/一般500円、65歳以上と大・高校生300円、中・小学生100円
交通/JR東京駅八重洲南口より徒歩10分、東京メトロ銀座線京橋駅より徒歩1分
http://www.momat.go.jp/FC/fc.html


東京国立近代美術館フィルムセンター外観

アンジェイ・ワイダ監督作品「菖蒲」 ※上映は5月29日(土)17:00〜、6月2日(水)19:00〜を予定
アンジェイ・ワイダ監督作品「菖蒲」 ※上映は5月29日(土)17:00〜、6月2日(水)19:00〜を予定

東京駅から電車+徒歩で15分のこちらもオススメ!
■東京国立近代美術館「建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション」
7組の建築家(伊東豊雄、鈴木了二、内藤廣、アトリエ・ワン、菊地宏、中村竜治、中山英之)の新作インスタレーションを展示。条件付で写真撮影OK。会期中、出品建築家による講演会やダンス・パフォーマンスが上演されるなど、多彩なイベントが目白押し。
会期/4月29日(木・祝)〜8月8日(日)
休館/月曜日(7月19日は開館)、7月20日(火)
時間/10:00〜17:00、金曜日は10:00〜20:00
料金/一般850円、大学生450円
交通/東京メトロ東西線竹橋駅1b出口より徒歩3分
※東京駅からは、徒歩8分で大手町駅に移動し竹橋駅まで2分
http://www.momat.go.jp/Honkan/honkan.html

photo: Norihiro Ueno
東京国立近代美術館外観
photo: Norihiro Ueno

中山英之 草原の大きな扉(建物パース) 2008年 (c) Hideyuki Nakayama Architecture
中山英之 草原の大きな扉(建物パース) 2008年
(c) Hideyuki Nakayama Architecture

東京国立近代美術館のある北の丸公園内には東京国立近代美術館工芸館もあるので(美術館から徒歩5分ほど)、あわせてチェックしたいところ。工芸館では、6月27日(日)まで「所蔵作品展 アール・デコ時代の工芸とデザイン展」を開催しています。

出光美術館

東京国立近代美術館

ブリヂストン美術館

三井記念美術館

三菱一号館美術館

※「東京駅周辺美術館MAP」持参で2館目の入館料割引(東京国立近代美術館を除く)
※「東京・ミュージアム ぐるっとパス2010」利用で観覧料割引(三菱一号館美術館を除く)

詳細は各館の公式ホームページよりご確認ください。

創作活動サポート
メンバー登録
東京のアートシーンを共に創造するメンバーを募集しています!
アーティストの方はこちら
あなたの作品や活動をTokyoから世界に向けて発信してみませんか?
サポーターの方はこちら
創作活動をサポートするギャラリーや稽古場の登録、展覧会やイベントを投稿できます。
メールマガジン登録申し込み
デジタルミュージアム
東京・ミュージアム ぐるっとパス2007
詳しくはこちら