東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > ステップアップ
 
ステップアップ
No.012
活動の幅を広げる
Step.12 AiRへの参加、海外で活動するには?

1年を通じて、アーティストとして活動を継続していくためのノウハウを紹介してきた「ステップアップ」も今回で最終回です。Step.12では、活動の幅を広げるためには何をすればいいのかをテーマに、アーティスト・ラン・スペースの運営やアーティスト・イン・レジデンス(AiR)への参加、海外で滞在制作する方法などについて紹介します。


いろいろなアーティストと共に活動する

近年、アーティストが展覧会を主催したり、多くの人を巻き込んでイベントを開催したりするなど、様々な人とのつながりを重視した活動が活発化しています。数多くのアーティストとかかわることにより、個人の作家活動では得られない刺激を受けることができます。みんなで作品を制作したり、展覧会をプロデュースしたりしてみたいという方は、アーティスト・ラン・スペースやアーティスト・イン・レジデンスをチェックしてみましょう。

■アーティスト・ラン・スペース

・どんなところ?

アーティストが運営するギャラリーなどのスペースを言います。仲間のアーティストの個展、グループ展のプロデュースやキュレーション、アーティスト・トークやワークショップ、公開制作などのイベントの企画・運営を自ら行っているケースが多く見られます。

・参加のメリットは?

アーティスト・ラン・スペースのよいところは、既存の美術館やギャラリーにはない、自由な活動ができる点です。旧来の画廊中心のマーケットと異なり、アーティスト自らプロデュースできるところが、大きな魅力といえるでしょう。また、アーティスト同士の横のつながりが、活動範囲を広げてくれることが多くあります。

・参考ウェブサイト

XYZ collective http://xyzcollective.org/

■アーティスト・イン・レジデンス(AiR)

・どんなところ?

世界各国から多くのアーティストが招聘され、滞在制作をしながら交流を行う場所で、国内外にあります。美術から音楽、文学など様々なジャンルのアーティストを募集している施設もあれば、ジャンルを限定している施設もあります。多くの場合、制作するためのスタジオが用意され、成果発表のためのスペース、宿泊施設まで付属しているところもあります。滞在期間は、数ヶ月から1年以上の長期間滞在できるところまであり、施設によって条件は大きく異なります。AiRに参加するには、受け入れ先の審査を通過しなければならないので、まずは申請書類を準備する必要があります。

・参加のメリットは?

AiRへの参加は、滞在するアーティスト同士が国の違いを超えてお互いを理解し、コミュニケーションをはかり、未知なる作品やアイデアのおもしろさに気づかせてくれる、絶好の機会といえるでしょう。また、レジデンスで得られた人脈は、AiR終了後に生かすことができます。一緒に滞在したアーティストに海外のギャラリーを紹介してもらったり、現地での成果展を見たギャラリストから、作品取り扱いのオファーをもらったりなど、海外活動のきっかけになるケースが多いようです。

・参考ウェブサイト

AIR_J http://air-j.info/


助成制度を活用して海外で活動する

作家として視野を広げるために挑戦したいのが、海外での創作活動です。一部の行政機関や団体では、留学、滞在制作、展覧会開催といった海外での活動の一助となる助成金の支給を実施しており、世界で活躍する日本人アーティストの多くが、こういった助成を受けて世界にはばたいています。みなさんも、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

■海外活動への助成

・どんな制度があるの?

文化庁には、海外での研修を目的に、1〜3年の期間で渡航費や滞在費を援助する「新進芸術家海外研修制度」があります。この支援を受けるためには、海外での受入先が決まっていることや、一定の語学力などの条件が必要になりますが、長期間滞在を考えているなら、ぜひ利用したい制度です。また、国際交流基金では、海外でのレジデンス活動などの情報を得ることができるイベント「AIR!AIR!AIR!」 などを開催しており、チェックしてみるとよいでしょう。

・参考ウェブサイト

文化庁 http://www.bunka.go.jp/

12回の連載を通じて、ギャラリーの借り方から個展の開催までの準備、作品ファイルのつくり方、撮影方法、値段の付け方など、作家活動を続けるために必要な基礎知識を紹介してきましたが、実践できるテクニックはありましたか。いろいろ試しながら制作を続けることが、アーティストとしての道を開くことにつながりますので、記事を参考にあなただけのやり方を見つけてください。


 
ステップアップ

美大生やプロのアーティストを目指すみなさんの疑問に応えます。2011年4月から毎月1回、1年間を通してアーティストとして活動するためのノウハウを、実例をまじえて紹介していきます。

創作活動サポート
メンバー登録
東京のアートシーンを共に創造するメンバーを募集しています!
アーティストの方はこちら
あなたの作品や活動をTokyoから世界に向けて発信してみませんか?
サポーターの方はこちら
創作活動をサポートするギャラリーや稽古場の登録、展覧会やイベントを投稿できます。
メールマガジン登録申し込み
デジタルミュージアム
美術館・博物館の収蔵作品2万点以上の
デジタルアーカイブ
東京・ミュージアム ぐるっとパス
詳しくはこちら