東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > 創作活動サポート > 美術館・劇場・活動スペース > 詳細情報
 
創作活動サポート 美術館・劇場・活動サポート
3331 Arts Chiyoda

2011年の3.11直後、宮島達男氏は自ら『Counter Void』(六本木・けやき坂に常設されている光の作品)の灯を消しました。2年が過ぎ、時代に応答した技術と社会性をもって再点灯が必要であると作家は考えています。 本プログラムでは同作品の再点灯の検討を通じて、芸術作品の「所有」「継承」「蘇生」の社会的意義についてゲストとともに探り、考えていきます。

第4回目の公開講座は、今年、文化庁長官に就任した青柳正規氏を迎え、「修復」「保存」を巡る国の取り組みと今後の展開について話し合います。国は、どのような芸術を後世に残してゆくのか、現在消灯している『Counter Void』が修復対象となるには何が求められるのか、公益や公共性などのキーワードにも触れながら考えます。


[概要]
宮島達男氏 「光の蘇生」プロジェクト
第4回公開講座:国は何を残すのか?ー文化制度から、「修復」「保存」を考える
日時:2013年10月15日(火)19:00 - 21:00(開場18:30)
〈ゲスト〉青柳 正規(文化庁 長官)
〈聞き手〉宮島 達男(美術家)

会場:東京文化発信プロジェクトROOM302(東京都千代田区外神田6-11-14-302 [3331 Arts Chiyoda 3F])
料金:入場無料
定員:先着50名程度(事前申込可)
主催:東京都/東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)
特定非営利活動法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]

[お申込方法] 各回前日までにTARLのウェブサイトまたはEメール( info@tarl.jp )、Fax(03-6740-1926)にて「お名前」「ご所属(ご職業)」「メールアドレス」「当日ご連絡先(携帯電話など)」をお伝えください。
※ご記入いただいた個人情報は、本事業の運営およびご案内にのみ使用します。

【所在地】 〒101-0021
東京都千代田区外神田6-11-14 (3331 Arts Chiyoda 3F
【電話番号】 080-3171-9724
【開館時間】 19:00-21:00
【休館日】 なし
【交通アクセス】 御徒町、末広町、秋葉原
創作活動サポート
メンバー登録
東京のアートシーンを共に創造するメンバーを募集しています!
アーティストの方はこちら
あなたの作品や活動をTokyoから世界に向けて発信してみませんか?
サポーターの方はこちら
創作活動をサポートするギャラリーや稽古場の登録、展覧会やイベントを投稿できます。
メールマガジン登録申し込み
デジタルミュージアム
東京・ミュージアム ぐるっとパス2007