東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
展覧会・イベント情報 アーティストファイル エッセンス ビジョン スポット
マイページ サイトマップ
Tokyo Art Navigationとは?
TOPICS
TOP
トップ > トーキョー・アートビジョン
トーキョー・アートビジョン
No.002 日常の中で非日常を撮っている
語り手:写真家 佐内正史氏


手紙みたいに個人的な写真

 最近、台北にサイパン、マレーシアと海外の仕事が多かったので、2月に東京にいたのは3日ぐらいだったかな。でも、その3日間というもの休むことなくずっと写真を撮っていたから不思議だ。
 帰国した朝、7時ごろ成田に着いて、都内に帰ってきてから、寝ようか、それとも写真を撮ろうかと迷った。普通なら寝るところだけど、なぜか部屋には戻らず、カメラをもって2時間ぐらい近所を歩いてみた。帰国したその朝でも写真を撮りたいと思ったのは自分でも驚きの欲望だった。そのとき撮ったのは本当にちょっとしたものなんだけど。壁に車のマークがあって、三角ポールなんかがあって。それをもう少しだけローアングルで撮ろうとか。いつもだったら道を少し入れて撮るけど、ちょっと道を切って撮ろうとか。少し日当たりがいいところで影が反射してて、ドアの反射で植物の影が少し薄くなっているなあ‥‥。そんなことを撮ったりしてみた。

 そのとき考えていたことは、写真って手紙みたいな、誰にも見せたくないような、そういう個人的なものだなあということ。普段は、個人的に気づいたこととかを撮っている。だから、自分で見るか、ちょっと知り合いに見せるとか、そういうことが写真なのかと思えてくる。もともと写真はそんなに人に見せるようなものじゃない気がしてきて、個人的なものを人に見せるのはどうかなとも思ったりする。でも俺は写真集とか出しているし、人に見せたほうがいいのかな、それとも見せないほうがいいのかな、どういうことなんだろう、と考えたりもした。自分がやってることって何なんだろうな、と思ったりして歩いていた。


「OD31」
「OD31」 

 すると、また何かいいなと思うものがあって立ち止まってみる。それは、駐車場の路面にできた何か油とシェイクが混ざったようなヘドロみたいなものだったんだけど。寒かったからかそれが固まっていて、何かすごく変な形をしてて、ちょっと気持ち悪い感じがした。よく飛行機の上から島とか見ると、似たような形をしているときがあるでしょう。ちょっと遊び心というか、およそ飛行機から見た角度ぐらいのアングルで撮ってみる。

 よく自分の写真は日常を切り取っているみたいなことを言われるけど、本当はそこにはぜんぜん日常は写っていない。俺にとって写真を撮ることは日常だけど、俺の日常自体を撮っているんじゃない。生活感とか、そういう感じのものじゃなくて、「写真を撮っている」としか言いようがないんだけど。
 毎日変化していて、自分も毎日少しずつ歳をとって変わっていく。経験することも毎日違って、今日は今日、明日は明日の経験があるから、視点もいつも変わっている気がする。変化の中にいつもいるんだなって思っている。


ちょっと恥ずかしいけど、決意した

 街を歩きながら撮った写真は、自分がテーマになる写真で、手紙みたいなものだ。女の子たちを撮った写真集『君になりたい』は、女の子という対象がちゃんとあって、ぜんぜん核になるものが違う。シャッターチャンスも違う。もちろん、撮りたいものを撮っているけど、自分がテーマになるものじゃなくて、彼女たちを撮ろうとして撮っている。仕事の写真なんだ。仕事の写真は楽しい。たくさんの人と出逢うし、発見も多いんだ。

 静岡にいた頃はそんなに思い通りの写真が撮れていなかったように思う。自分が納得できる写真を撮れるようになったのは東京に出てきてからのことだ。それでも、納得できる写真というのは、最初からそんなに見せたくないなとは思っていた。でも、そのままだと閉じた世界で終わってしまうから、生活していくためには、外に向かっていかなければならないわけで。俺の場合、やはり写真を仕事にしたいと思ったから、ちょっと恥ずかしいけど、「やるぞっ」て決意して、それでやっている。

佐内正史氏 写真
佐内正史氏
写真家。1968年静岡県生まれ。『生きている』(青幻舎)でデビュー。『MAP』(佐内事務所)で第28回(2003年度)木村伊兵衛写真賞受賞。ベタベタな写真を撮ることで有名で、写真を撮ることで自分を確認している。写真集に『Chair Album』(佐内事務所)、『Windows and Applen』(イマココ社)、『a girl like you〜君になりたい。』(マガジンハウス)、『夏秋冬秋』(マッチアンドカンパニー+佐内事務所)、『ロマンチック』(朝日新聞社)、『うりずん』(光文社)など。
「OD」作品については、こちら。
nca(nichido contemporary art):

http://www.nca-g.com/
DVD作品「Doctor Yellow Skyline」・「東京は」については、こちら。
+bt business today art online:

http://www.bbtoday.net/
plus_bt/
佐内正史HP:
http://www.sanaimasafumi.jp/
文中の写真「OD31」は、佐内氏にインタビューの後、そのときの気分で選んでいただいたイメージです。
創作活動サポート
メンバー登録
東京のアートシーンを共に創造するメンバーを募集しています!
アーティストの方はこちら
あなたの作品や活動をTokyoから世界に向けて発信してみませんか?
サポーターの方はこちら
創作活動をサポートするギャラリーや稽古場の登録、展覧会やイベントを投稿できます。
メールマガジン登録申し込み
デジタルミュージアム
東京・ミュージアム ぐるっとパス2007
詳しくはこちら