東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム コンテスト情報・支援制度
トップ > イベント・レポート
 
イベント・レポート
No.071
子供も大人も思いっきり遊ぼう! 「PLAY! MUSEUM」「PLAY! PARK」

2020.11.18

アートを軸に、子供の遊びと学びの両方をかなえる複合文化施設「PLAY!」が、2020年6月、JR立川駅北口側にオープンしました。2階に「絵と言葉」をテーマにした美術館「PLAY! MUSEUM(プレイミュージアム)」、3階に屋内広場「PLAY! PARK(プレイパーク)」を備え、多様な過ごしかたができる場所です。内装は立川市にある「ふじようちえん」の設計で知られる手塚建築研究所、アートディレクションは青森県立美術館のVIなどを担当した菊地敦己さんが手がけました。設計もデザインも細部までこだわり抜かれた施設は、子供と大人が一緒に楽しめる工夫が詰まっています。

昭和記念公園の東側、旧立川基地跡地に、2020年春に「GREEN SPRINGS」が生まれた
昭和記念公園の東側、旧立川基地跡地に、2020年春に「GREEN SPRINGS」が生まれた

物語世界に浸れる工夫がたくさん。絵と言葉の展示

「PLAY!」は、立川の新たな複合型エリア「GREEN SPRINGS」の一角にあります。
入り口のあるフロアは、「絵と言葉」をテーマにした美術館「PLAY! MUSEUM」です。ここでは企画展と常設展の2つの展示を見ることができます。取材した日、企画展では亀山達矢さんと中川敦子さんによるクリエイティブユニット・tupera tupera(ツペラ ツペラ)の個展が開催されていました。「日本絵本賞大賞」や「やなせたかし文化賞大賞」など、数々の絵本賞を受賞するtupera tupera。本展は2人のアイデアとユーモアが詰まった「かお」をテーマにした展覧会です。

企画展「tupera tuperaのかおてん.」の最初の部屋。入り口の大きな鏡で顔に「かおシール」を貼り、いざ展覧会へ
企画展「tupera tuperaのかおてん.」の最初の部屋。入り口の大きな鏡で顔に「かおシール」を貼り、いざ展覧会へ

「かおルーペ」をもらい、自分だけの顔を探していく
「かおルーペ」をもらい、自分だけの顔を探していく

「ただ見るのではなく、大人も子供も絵本の世界に入り込める仕掛けをしています。美術館は静かにしなければ、というイメージがあると思いますが、観賞中に自然に出る声を監視員が注意することはありませんし、子供の目線の高さにある展示物に思わず触れてもよいような作品保護の仕方も工夫しています」とPLAY! のプレスを務める森田藍子さん。
代表作『かおノート』などの原画展示をはじめ、2メートルの顔がずらりと並んだ「かお10(テン)」など盛りだくさんの顔の展示。また「見る」だけではなく、顔のパーツを「かおルーペ」で探したり、立体作品のなかに入ったり、床に大きな顔をつくり自分もその一部になったり、と参加することのできる展覧会です。

壁面は白木で温かみのある空間。展示室は渦巻き状に壁がつづいていく。「絵本など、物語を扱うことも多いので、おはなしが進むときのワクワク感を空間的にも体現しています」と森田さん。また壁の作品も、子供の目線に合わせて低めに展示されている
壁面は白木で温かみのある空間。展示室は渦巻き状に壁がつづいていく。「絵本など、物語を扱うことも多いので、おはなしが進むときのワクワク感を空間的にも体現しています」と森田さん。また壁の作品も、子供の目線に合わせて低めに展示されている

顔の立体作品「かおカオス」
顔の立体作品「かおカオス」

床に大きな顔をつくる「床田愉男(ゆかだゆかお)」
床に大きな顔をつくる「床田愉男(ゆかだゆかお)」

企画展の隣、壁にたくさんの窓や抜け穴があいた常設展の会場は、空間全体が仕掛け絵本のよう。ここは「絵本の魔術師」とも称されるエリック・カールの展覧会です。年間を通して著名な絵本作家を紹介するこの常設展では、2020年度、アメリカ・マサチューセッツ州のエリック・カール絵本美術館との共同企画で「エリック・カール 遊ぶための本」を開催。『はらぺこあおむし』『パパ、おつきさまとって!』など代表作の原画が展示され、自作の色紙によるコラージュを間近でみられるほか、彼が制作時に着用したスモック、愛用の画材などを通して、制作の裏側に迫っています。

エリック・カールの絵本のような丸や四角の窓があいた空間
エリック・カールの絵本のような丸や四角の窓があいた空間

遊具やワークショップ、シアターなど、7つのエリアから好きな場所を見つけて

「PLAY! MUSEUM」が2階、3階に屋内広場「PLAY! PARK」がある。ロゴを手がけたのは菊地敦己さん 写真提供:PLAY!
「PLAY! MUSEUM」が2階、3階に屋内広場「PLAY! PARK」がある。ロゴを手がけたのは菊地敦己さん
写真提供:PLAY!

「PLAY! MUSEUM」の上階には「PLAY! PARK」が広がっています。7つのエリアに分かれた広大な空間は、「未知との出会い」をテーマに、子供が自由な発想で遊べる屋内広場。中心にある「大きなお皿」はとんだり、走ったり、すべったり、全身で遊べるエリアです。約8000個の風船を使った大型遊具「バルーン・モンスター」は、東京都市大学の手塚貴晴研究室と開発・制作し、9月に完成。大人が座っても割れないほど丈夫で、上に乗ったり、持ち上げたりと自由に体を動かして遊ぶことができます。

「バルーン・モンスター」は、東京都市大学の学生団体「如学会」が発案し、同大学手塚貴晴研究室と「PLAY! PARK」スタッフによって制作
「バルーン・モンスター」は、東京都市大学の学生団体「如学会」が発案し、同大学手塚貴晴研究室と「PLAY! PARK」スタッフによって制作

「PLAY! MUSEUM」と「PLAY! PARK」の設計は、手塚建築研究所が手がけています。「子供が遊ぶためのキッズパークはカラフルで可愛いらしいイメージもあると思いますが、『PLAY!』の空間は、あえて装飾や色もシンプルにしています。それはお客さんと一緒に完成していく場所、という考えがあるからです。菊地敦己さんの手がけたロゴも、お客さんや作品を邪魔しないよう、あえて黒一色で作られ、そのうえで活気が伝わるものになっています。『PLAY!』用にAからZまでのほとんどの書体が揃いました」と森田さんは話します。

PLAY! プレスの森田藍子さん。「立川は近隣に美術系の大学も多いので、そうした大学とのコラボレーションも積極的にしていきたいと考えています」
PLAY! プレスの森田藍子さん。「立川は近隣に美術系の大学も多いので、そうした大学とのコラボレーションも積極的にしていきたいと考えています」

菊地敦己さんが開発したアルファッベトのフォントは、ロゴだけでなく、PLAY!の広報物などにも展開されている
菊地敦己さんが開発したアルファッベトのフォントは、ロゴだけでなく、PLAY!の広報物などにも展開されている

「大きなお皿」の奥には、毎日さまざまなワークショップが随時開催されている「ファクトリー」。梱包材や廃材、新聞紙などの素材や、ペン、はさみ、のりなどの道具を使い、自由につくることもできます。

「ファクトリー」には、左利き用の道具や、子供用の道具も置いてある
「ファクトリー」には、左利き用の道具や、子供用の道具も置いてある

つくった作品は「ギャラリー」に展示。誰かのつくった作品を見るのも楽しい
つくった作品は「ギャラリー」に展示。誰かのつくった作品を見るのも楽しい

エリック・カールの手法を学べるワークショップや、身の回りにあるもので顔をつくるワークショップなど、「PLAY! MUESEUM」の展覧会と連動したワークショップも開催されています。その無数のワークショップに共通するのは、誰でも取り組める仕掛けです。
「明確なゴールを設定することよりも、想像力を自由に膨らませられる入り口」を大切に、「PLAY!」で働くスタッフがプログラムを日々考案しています。

ギャラリーの作品
ギャラリーの作品

そのほか「PLAY! PARK」には、ピアノや楽器で遊べる「スタジオ」、多摩美術大学グラフィックデザイン学科の学生が制作したアニメーションが流れる「シアター」、日本や海外の絵本が700冊以上そろう「ライブラリー」なども。自分の興味や年齢に合わせて、好きな場所で好きなだけいることができます。また、2階の「PLAY! CAFE」では展覧会に関連したフードやドリンク、「PLAY! SHOP」ではオリジナルグッズも提供しています。
行くたびに驚きや発見がある「PLAY!」。美術館と屋内広場が一体となり、親子で楽しめる日本国内でも珍しい施設です。

Text:佐藤恵美
Photo:千倉志野

PLAY!
住所:東京都立川市緑町3-1 GREEN SPRINGS W3
電話:MUSEUM=042-518-9625/PARK=042-518-9627
開館時間:MUSEUM=10:00-18:00(入場は17:30まで)/PARK=10:00-18:00(入場は17:00まで/12:30-13:00、15:00-15:30は館内消毒のため一時クローズ)
無休
入館料:MUSEUM=一般1,500円、小・中学生500円ほか/PARK=大人1,000円、子ども(3-12歳)1,500円ほか ※MUSEUMとPARKの相互割引、立川在住・在学割引あり
https://play2020.jp/
[開催中の展覧会]
常設展「エリック・カール 遊ぶための本」
会期:2020年6月10日(水)〜2021年3月28日(日)
会場:PLAY! MUSEUM
企画展「tupera tuperaのかおてん.」
会期:2020年6月10日(水)〜12月29日(火)
会場:PLAY! MUSEUM
※次回企画展は2021年1月9日(土)より、「アーノルド・ローベル展」を開催予定

コラム一覧へ

創作活動サポート
メンバー登録
東京のアートシーンを共に創造するメンバーを募集しています!
アーティストの方はこちら
あなたの作品や活動をTokyoから世界に向けて発信してみませんか?
サポーターの方はこちら
創作活動をサポートするギャラリーや稽古場の登録、展覧会やイベントを投稿できます。
デジタルミュージアム
東京・ミュージアム ぐるっとパス
詳しくはこちら