東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > 展覧会・イベント情報 > 詳細情報
 
展覧会・イベント情報
展覧会やイベントの情報を検索できます。
Pale but vivid
Artists: GUIDO ARGENTINI, TONI MENEGUZZO, AKIRA GOMI, ELMER NELSON BISCHOFF, NATHAN OLIVEIRA, JOHN DE ANDREA

“What spirit is so empty and blind, that it cannot recognize the fact that the foot is more noble than the shoe, and skin more beautiful than the garment with which it is clothed?”
(足は靴よりも高貴で、肌は衣服よりも美しいという事実に気づけないというのは、どんな空虚で理解を欠いた魂なのか?)ーーミケランジェロ

2017年の春から初夏にかけて、Sansiao Gallery Hong Kongでは「FINE LINE」と称したヌード写真の展覧会を行い、アートとポルノグラフィを分かつ線は? という問いを投げかけました。

この度、Sansiao Gallery Tokyoにて「Pale but vivid」を開催いたします。
幽かな光や繊細な陰影でヌードの「美しさ」を映し出した作品をメディウムにこだわらずにセレクトいたしました。
ギド・アルゼンチーニやトニ・メネグッツォ、五味彬のヌード写真や、ディーベンコーンと共に第二次世界大戦後の世代として知られるエルマー・ネルソン・ビショフの絵画、ビショフからベイ・エリア・フィギュラティヴ・ムーブメントの流れを引き継いだネイサン・オリヴェイラの版画、ジョン・デ・アンドレアのスーパーリアリズム彫刻を同時展示いたします。

ヌード表現は時代と共に変化してきましたが、この展覧会が人体の美しさを今一度見つめなおす機会となれば幸いです。
ぜひご高覧くださいませ。
【場所】 Sansiao Gallery  
【日程】 2018/07/14(土) 〜 2018/08/03(金) 
【時刻と特記事項】 火曜〜土曜 12:00〜19:00
日曜・月曜・祝日 休廊 
【チケット料金】 無料 
【お問い合わせ先】 Sansiao Gallery
03-3275-1008
info@sansiao-gallery.com 
【公式ホームページ】 http://sansiao-gallery.com/ 
*リンク先ホームページに掲載された内容については、当サイトは一切の責任を負いません。
展覧会・イベント情報検索
展覧会や施設などの名称を入力して「検索」ボタンを押してください。
ジャンルから検索
美術(美術館・ギャラリー)
歴史・民俗(博物館)
自然(動物園・科学館)
音楽・オペラ
ダンス
演劇
芸能
パフォーマンス
映像
その他
エリアから検索

上野エリア(上野・谷中・浅草)

皇居周辺(竹橋・九段下)

銀座エリア(銀座、有楽町、日比谷・新橋・日本橋)

渋谷・目黒エリア(原宿・渋谷・恵比寿・目黒)

港エリア(品川・高輪・六本木・赤坂・白金・青山)

新宿・世田谷エリア(新宿・初台・中野・下北沢・三軒茶屋)

両国・深川エリア(両国・錦糸町・清澄白河・深川)

池袋・城北エリア(池袋・王子・北千住・練馬・板橋)

臨海エリア(汐留・青海・有明・葛西)

多摩東部エリア(吉祥寺・三鷹・小金井・国分寺・調布・府中)

多摩西部エリア(町田・立川・八王子・高尾)

その他(御茶ノ水・大森・田町など)

日付から検索
2019年05月>>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31