東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム コンテスト情報・支援制度
トップ > 展覧会・イベント情報 > 詳細情報
 
展覧会・イベント情報
展覧会やイベントの情報を検索できます。
湯田良夫 ー彫刻家のスケッチブック展ー
湯田良夫(1950〜2018/4)は10代から彫刻家になることを目指し、美大受験の為のはずだった代々木ゼミナールに”4年間”通い、ご本人の言によると「だらだらと、楽しい日々」を過ごしたという。その間に出会った講師や作家たちあるいは故人作家の作品から学び、時に反面教師となって自身の彫刻家としての生き方、学び方の方法を形成してきたと、インタビューで語っています。自身にとって大事な事とは何かを求め続けた、いかにも湯田さんらしい独特な時間の在り方です。

人物なら家族をモデルに、あるいは宮沢賢治や明恵上人、ゴッホなど、自分の身近な人々や敬意をはらう人物を”木彫に彩色する”というスタイルで制作してきました。一方で、魚や鳥たちに光源をはめ込んだりミサイルを持たせたりと、シュールな発想にユーモアを醸し出す作品も多く、特に「西表山猫」などの逞しい猫たちの作品には野性味が溢れ、そのたっぷりとした作風は湯田良夫ならではの独特な風格を漂わせています。

湯田さんのスケッチブックにはそれらの彫刻作品が手がけられる以前、あるいは制作の途上の軌跡が描かれ、特にご家族や宮沢賢治に関するデッサンが繰り返し描かれているのが印象的です。これらのスケッチブックは、惜しくも故人となられてしまった彫刻家の制作のアイディアを識る上で魅力的で貴重な資料となりました。
今回の「彫刻家のスケッチブック展」ではその中から10冊のスケッチブックや水彩で描かれたデッサン、また木彫の小品、「西表山猫」「カッコー」など6点を展示いたします。
また、「湯田良夫へのインタヴュー」(2017年12月・聴き手 北島章子)の抜粋も展示、湯田良夫の豊かな世界を深く感じて頂けることと存じます。
【場所】 土日画廊  
【日程】 2019年4月4日(木)ー4月21日(日) 
【時刻と特記事項】 open 木・金・土・日 12:00-19:00
close 月・火・水 
【チケット料金】 無料 
【お問い合わせ先】 土日画廊 
【公式ホームページ】 http://donichigaroh.com/ 
*リンク先ホームページに掲載された内容については、当サイトは一切の責任を負いません。
展覧会・イベント情報検索
展覧会や施設などの名称を入力して「検索」ボタンを押してください。
ジャンルから検索
美術(美術館・ギャラリー)
歴史・民俗(博物館)
自然(動物園・科学館)
音楽・オペラ
ダンス
演劇
芸能
パフォーマンス
映像
その他
エリアから検索

上野エリア(上野・谷中・浅草)

皇居周辺(竹橋・九段下)

銀座エリア(銀座、有楽町、日比谷・新橋・日本橋)

渋谷・目黒エリア(原宿・渋谷・恵比寿・目黒)

港エリア(品川・高輪・六本木・赤坂・白金・青山)

新宿・世田谷エリア(新宿・初台・中野・下北沢・三軒茶屋)

両国・深川エリア(両国・錦糸町・清澄白河・深川)

池袋・城北エリア(池袋・王子・北千住・練馬・板橋)

臨海エリア(汐留・青海・有明・葛西)

多摩東部エリア(吉祥寺・三鷹・小金井・国分寺・調布・府中)

多摩西部エリア(町田・立川・八王子・高尾)

その他(御茶ノ水・大森・田町など)

日付から検索
2019年07月>>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31