東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム コンテスト情報・支援制度
トップ > 展覧会・イベント情報 > 詳細情報
 
展覧会・イベント情報
展覧会やイベントの情報を検索できます。
米田拓朗写真展「石の国」
 四方を山で囲まれた甲府盆地に流れる笛吹川は、夏には豊かな流れが川筋を大きく変化させ、大小さまざまな石を運んできます。そして冬に野焼きが行なわれることもあり、生い茂る草や水流に覆われていた石が姿を現します。川底に沈んでいたり、土になか埋もれていたり、川岸に打ち上げられていたりと、その姿かたちはさまざまです。
 本展で発表される写真は、そうした笛吹川をはじめとする山梨県内の川や道々に転がっている石です。これらの石はみな、とりわけ特徴的な形をもつわけでもなく、何の変哲もないものばかりです。
川の石は、どこから流されてきたのかも、そしてどのようにして今ある形になったのかも定かでありません。また道々の石も、どういったいきさつでそこに転がっているか分からないもばかりです。米田が撮影する石はどれも、元をただすことが叶わず、まるで過去もしくは未来から唐突に目の前に届いたかのような、不思議な存在感を放っています。
*展示内容/インクジェットプリント、約 20 点

◎『丸石拾遺集』刊行のお知らせ
本展にあわせて、笛吹川流域に多数見られる丸石神100基を撮影した『丸石拾遺集』を刊行いたします。「丸石神」は丸い石を祀った石造物で、日本の中でも山梨県内に集中的に見られるものです。古くから民間信仰の対象とされ、 集落の境や辻、神社の境内や民家の庭先などに据え置かれており、その数は700以上と言われています。丸石の大きさは、握り拳ほどのものから直径1mほどのものまで様々で、ぽつりとただ1つ置かれているものもあれば、数十個が積み重なって置かれているものもあります。多くは道祖神として祀られていますが、屋敷神として祀られているものや、供物のようにして置かれているものもあり、起源や来歴は定かでありません。誰とも知れぬ人たちが、どこからとも知れず持ち寄った丸石の姿は、現在とは異なる時間からの届き物のような、不思議な魅力に溢れています。
米田は笛吹川流域を中心に丸石神を探し歩き、650基余りを撮影しました。『丸石拾遺集』には、そのうち100基を収録したポストカード100枚が、丸石神についてのテキストを収めた小冊子と、丸石神の分布を記録した地図とともに、特製函に収められています。
米田拓朗『丸石拾遺集』
カード100枚+地図+小冊子/特製函
142x190x40mm(カード:100x148mm) 予価:3,600円+税
発行:KULA
【場所】 photographers' gallery  
【日程】 2019年6月18日(火) − 7月7日(日) 
【時刻と特記事項】 12:00 − 20:00 会期中無休 
【チケット料金】 無料 
【お問い合わせ先】 03-5368-2631
info@pg-web.net 
【公式ホームページ】 https://pg-web.net/exhibition/ishinokuni-2/ 
*リンク先ホームページに掲載された内容については、当サイトは一切の責任を負いません。
展覧会・イベント情報検索
展覧会や施設などの名称を入力して「検索」ボタンを押してください。
ジャンルから検索
美術(美術館・ギャラリー)
歴史・民俗(博物館)
自然(動物園・科学館)
音楽・オペラ
ダンス
演劇
芸能
パフォーマンス
映像
その他
エリアから検索

上野エリア(上野・谷中・浅草)

皇居周辺(竹橋・九段下)

銀座エリア(銀座、有楽町、日比谷・新橋・日本橋)

渋谷・目黒エリア(原宿・渋谷・恵比寿・目黒)

港エリア(品川・高輪・六本木・赤坂・白金・青山)

新宿・世田谷エリア(新宿・初台・中野・下北沢・三軒茶屋)

両国・深川エリア(両国・錦糸町・清澄白河・深川)

池袋・城北エリア(池袋・王子・北千住・練馬・板橋)

臨海エリア(汐留・青海・有明・葛西)

多摩東部エリア(吉祥寺・三鷹・小金井・国分寺・調布・府中)

多摩西部エリア(町田・立川・八王子・高尾)

その他(御茶ノ水・大森・田町など)

日付から検索
2019年12月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31