東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム コンテスト情報・支援制度
トップ > 展覧会・イベント情報 > 詳細情報
 
展覧会・イベント情報
展覧会やイベントの情報を検索できます。
MOTアニュアル2020 透明な力たち
若手作家の作品を中心に、現代美術の一側面を切り取り、問いかけや議論のはじまりを引き出すグループ展、MOTアニュアル。第16回目となる本展では、人や物を動かしている自然界や社会の中の不可視の力の作用に着目し、そのメカニズムを再構築しようと試みるアーティスト5組を紹介します。

私たちの身の周りには目に見えない数多の力が働き、複雑な世界の様相を作り出しています。例えば、物の動きに直接影響を与える重力や磁力や摩擦、生き物の性質や行動に作用するDNA 等にその力が認められるでしょう。また、私たちの社会を動かし形作る諸システムやルール、そしてその背景にある人々の思考、意識、感情、固定概念も不可視の力と呼べるかも知れません。研究や業務の上での専門性が細分化した今日、世界を取り巻く仕組みをひとりひとりが認識し、頭にいれておくことは不可能に近いといえます。情報化社会が進むと同時に見えにくくなる、あるいは隠される仕組みも増えています。情報を反射神経的に認識・処理するようなスピード感が求められ、そこにどのような力が働いているか、意識されることは多くありません。

本展では、物ごとを動かし変化させるメカニズムを咀嚼しなおし、自分の手で、あるいは誰かと協働して、再構築する作家とともに、私たちを取り巻く透明な力について考察いたします。彼らの試みは、ときにミクロコスモス的な箱庭や実験室を連想させ、現実とは離れた系の中でものごとが自律的に動いているように見えます。しかしそれは私たちの立っている「あたりまえ」の地盤に視線を向けさせ、いくつもの要因が複雑に重なり動いている世界の様子をそれぞれの角度から垣間見せてくれるものです。これらのユニークな実践の中で、可視化された透明な力が各々の感覚を揺さぶり、見慣れた風景を再考するためのささやかな契機となれば幸いです。

出展作家:片岡純也+岩竹理恵、清水陽子、中島佑太、Goh Uozumi、久保ガエタン
【場所】 東京都現代美術館  
【日程】 会期:2020年11月14日(土)〜2021年2月14日(日)
休館日:月曜日(11月23日、2021年1月11日は開館)、11月24日、12月28日〜2021年1月1日、1月12日 
【時刻と特記事項】 会場:東京都現代美術館 企画展示室3F
開館時間:10:00-18:00(展示室入場は閉館の30分前まで) 
【チケット料金】 一般1,300円/大学生・専門学校生・65歳以上900円/中高生500円/小学生以下無料 ※本展のチケットでMOTコレクションもご覧いただけます。※小学生以下のお客様は保護者の同伴が必要です。※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付添いの方(2名まで)は無料になります。 
【お問い合わせ先】 Tel. 03-5777-8600(ハローダイヤル) 
【公式ホームページ】 https://www.mot-art-museum.jp/ 
*リンク先ホームページに掲載された内容については、当サイトは一切の責任を負いません。
展覧会・イベント情報検索
展覧会や施設などの名称を入力して「検索」ボタンを押してください。
ジャンルから検索
美術(美術館・ギャラリー)
歴史・民俗(博物館)
自然(動物園・科学館)
音楽・オペラ
ダンス
演劇
芸能
パフォーマンス
映像
その他
エリアから検索

上野エリア(上野・谷中・浅草)

皇居周辺(竹橋・九段下)

銀座エリア(銀座、有楽町、日比谷・新橋・日本橋)

渋谷・目黒エリア(原宿・渋谷・恵比寿・目黒)

港エリア(品川・高輪・六本木・赤坂・白金・青山)

新宿・世田谷エリア(新宿・初台・中野・下北沢・三軒茶屋)

両国・深川エリア(両国・錦糸町・清澄白河・深川)

池袋・城北エリア(池袋・王子・北千住・練馬・板橋)

臨海エリア(汐留・青海・有明・葛西)

多摩東部エリア(吉祥寺・三鷹・小金井・国分寺・調布・府中)

多摩西部エリア(町田・立川・八王子・高尾)

その他(御茶ノ水・大森・田町など)

日付から検索
2020年11月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30