東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > アーティスト・サバイバル・メソッド
 
アーティスト・サバイバル・メソッド
method 02
アーティスト・イン・レジデンスを利用する[後編]
トーキョーワンダーサイト レジデンス・プログラム参加アーティスト 瀧健太郎×山田健二

トーキョーワンダーサイトのレジデンス・プログラム「二国間交流事業プログラム」に参加した2人のアーティストが語る、アーティスト・イン・レジデンスの活用術。後編では、アーティストの悩みや、日本で活動するメリットにも話が広がりました。

展覧会「C/Sensor-ed Scape」(2017/4/15-5/28)に参加した瀧健太郎さん(左)と山田健二さん(右)。「二国間交流事業プログラム」では、瀧健太郎さんはベルリンに、山田健二さんはロンドンにそれぞれ滞在。会場のトーキョーワンダーサイト本郷にてScape」(2017/4/15-5/28)に参加した瀧健太郎さん(左)と山田健二さん(右)。会場のトーキョーワンダーサイト本郷にて
Photo: Shu Nakagawa
展覧会「C/Sensor-ed Scape」(2017/4/15-5/28)に参加した瀧健太郎さん(左)と山田健二さん(右)。「二国間交流事業プログラム」では、瀧健太郎さんはベルリンに、山田健二さんはロンドンにそれぞれ滞在。会場のトーキョーワンダーサイト本郷にて
Photo: Shu Nakagawa

日本で制作するか、海外で制作するか

――お二人は今回のレジデンス・プログラムだけでなく、国内外のさまざまな場所で活動をされていますよね。

山田 僕は卒業制作でもらった賞の副賞で、ロッテルダムに行ったのが初めてのレジデンスでした。その頃オランダではアーティスト支援が盛んで、アーティスト・ラン・スペース(アーティストの運営するスペース)を運営すれば、働かなくても食べていけるというケースも目にしました。その日本とのギャップに驚きながら、滞在が長くなるにつれ、自分が日本のさまざまな地域性や文化を知らなさすぎる、ということも感じました。それをきっかけに国内でもいろいろな場所で滞在制作に参加しました。各地で受けた刺激はインプットとして重要だし、その文化的越境そのものが表現になっていく可能性もあります。日本だから、海外だから、という場所によるインプットの違いは自分の中では特に意識してはいません。

同地で行った市民会議の様子

2016年に山田さんがリサーチをしたロンドンの旧ミルバンク刑務所

2016年に山田さんがリサーチをしたロンドンの旧ミルバンク刑務所(右)と、同地で行った市民会議の様子(左)

瀧  僕は助成金をとってドイツのカールスルーエに2年いました。2年経ったとき、このままもう少しドイツにいようか迷いましたが、やはり東京で戦っている仲間がいると考えたら自分もそこで一緒に戦おう、と思って帰国しました。

Photo: Shu Nakagawa

Photo: Shu Nakagawa

独自のサバイバル術が海外から評価される可能性

――日本で活動するメリットはどのようなところにありますか。

山田 自身の住む地域で、資金を集めながら人を巻き込んで活動するような姿勢は、アーティストとして生き抜く強さの表れです。日本なり東京なり、その都市の住人としていかに基盤をつくってやってきたかは、海外で評価を受ける重要な視点なのではないでしょうか。
東京にも海外からキュレーターや評論家もたくさん来ています。

Photo: Shu Nakagawa

Photo: Shu Nakagawa

彼らは些細な情報もキャッチしていて、意外とアンダーグラウンドなもの、その土地にしかないものに興味があるのを感じます。だから、東京でやることはやりがいも可能性もあるのではないでしょうか。

瀧  実際に東京にいると「もう道がない〜、どっちの方向に行ったらいいんだ〜」って思ってしまいます(笑)。
東京の公共空間で映像を投影するプロジェクトを試みると、いろいろな規制をクリアしなければならなかったり、地権者と相談したり、と実現までにハードルがいくつもあります。でもアジアやヨーロッパでは同じことがいとも簡単にできてしまう。そういう意味で東京はやりにくいけれど、そのぶんやりがいのある街だと思います。
日本のアートや文化政策に対する制度も、東京の街並みと似ていて、いつまでたっても工事中(笑)。アートスペースや助成金も、いつなくなってしまうのかと不安は常にあります。山田さんがおっしゃったみたいに、だからこそ外から見ると獣道を歩いているような姿勢を評価してくれる人もいるのかもしれません。どのようなアクティビティを展開するか、どのように生き残っていくのかはいつも試されているのでしょうね。

(2017年4月25日、トーキョーワンダーサイト本郷にて/文・構成:佐藤恵美)

[国内外のおもなアーティスト・イン・レジデンス]
【国内】
トーキョーワンダーサイトレジデンス 青森公立大学国際芸術センター青森
対象分野 美術、写真/映像、デザイン、建築、音楽など 対象分野 指定なし
支援内容 渡航費助成、制作費助成、滞在費助成、サポートスタッフ、成果発表・オープン・スタジオ、活動記録集の作成・配布*以上、すべて支援内容はプログラムにより異なる 支援内容 渡航費助成(上限あり)、制作費助成、滞在費助成、サポートスタッフ(人的な制作サポート)、成果発表、活動記録集の作成・配布
住所 東京都墨田区立川2-14-7 アーツ菊川1F 住所 青森県青森市合子沢字山崎152-6
URL http://www.tokyo-ws.org/ URL http://www.acac-aomori.jp
アーカスプロジェクト2017いばらき 秋吉台国際芸術村
対象分野 現代美術
※受入条件:日本以外の国籍を有すること
対象分野 演劇、音楽、美術、写真/映像、彫刻、版画
支援内容 渡航費助成*海外:最寄りの国際空港から成田空港までの往復航空運賃(エコノミー)/国内:居住地の最寄の空港・駅からアーカススタジオまでの公共交通機関による交通費、制作費助成、滞在費助成*日当制で66万円/110日(滞在費+制作費)、スタジオ、住居(アパート貸与)、サポートスタッフ(専門的・人的な制作サポート)*コーディネーターの配置。生活および創作活動に関する情報提供、調整、必要最低限のサポートなどを行なう、成果発表・オープン・スタジオの機会提供*スタジオから意図を説明し、内容はレジデントの意思に任せて実施、活動記録集の作成・配布、保険など 支援内容 〈レジデンスサポート(招聘)〉渡航費助成(アーティストの在住地による所内基準額)、制作費助成(20万円/組)、滞在費助成、サポートスタッフ(人的な制作サポート)、成果発表・オープン・スタジオ、活動記録集の作成・配布
〈レジデンスサポート(日本人派遣)〉渡航費助成、制作費助成(派遣先に応じて変動)、滞在費助成、成果発表
住所 茨城県守谷市板戸井2418もりや学びの里内 アーカススタジオ 住所 山口県美祢市秋芳町秋吉50
URL http://www.arcus-project.com URL http://www.aiav.jp
黄金町アーティスト・イン・
レジデンスプログラム
AIR 3331 オープンコール
対象分野 指定なし 対象分野 演劇、美術、建築、工芸、写真/映像、彫刻、デザイン、パフォーマンス、版画、ファッション
支援内容 〈黄金町バザール(招聘)〉渡航費助成、制作費助成、滞在費助成、サポートスタッフ(人的な制作サポート)*言語・広報・展示施工など、成果発表、活動記録集の作成・配布
〈公募〉サポートスタッフ(人的な制作サポート)*広報協力あり、成果発表の機会の提供
支援内容 レジデンスコーディネーターによるサポート:あり*英語・日本語の対応可、成果発表:あり
住所 神奈川県横浜市中区日ノ出町2-158 住所 東京都千代田区外神田6-11-14
URL http://www.koganecho.net/air/ URL http://residence.3331.jp/
BankART 海外交流AIR  
対象分野 指定なし  
支援内容 渡航費助成、制作費助成、滞在費助成、サポートスタッフ(人的な制作サポート)、成果発表・オープン・スタジオ、活動記録集の作成・配布*すべてその時々に個別に対応する  
渡航先 韓国各都市の施設(ソウル市立美術館、ソウル文化財団、インチョン文化財団/インチョンアートプラットフォーム、光州市立美術館、釜山文化財団/ホンティアートセンター)台北(TAV)、BankARTベルリン、BankART妻有、アジアンリンクから受け入れ  
住所 神奈川県横浜市中区海岸通3-9 BankART Studio NYK  
URL http://www.bankart1929.com  
【海外】
Agora Collective e.V. School of Visual Arts Summer Residency Programs
対象分野 視覚芸術、メディアアート、映像、彫刻、ダンス、パフォーミングアート、音楽、文芸、建築、教育プログラム、など 対象分野 視覚芸術、メディアアート、映像、版画、彫刻、陶芸、テキスタイルなど
支援内容 渡航費助成、滞在費助成、成果発表・オープン・スタジオなど 支援内容 渡航費助成、滞在費助成、成果発表・オープン・スタジオなど
住所 Mittelweg, 50, 12053 Berlin, Germany 住所 209 East 23rd St, 10010 New York,United States of America
URL http://projects.agoracollective.org/affect/ URL http://www.sva.edu/special-programs/summer-residency-programs
Siena Art Institute / Residency Programs  
対象分野 視覚芸術、メディアアート、映像、彫刻、陶芸、テキスタイル、文芸、教育プログラムなど  
支援内容 渡航費助成、滞在費助成など  
住所 Via Tommaso Pendola 37, 53100 Siena, Italy  
URL http://www.sienaart.org  
トーキョーワンダーサイトのレジデンスアーティスト募集情報!
平成30年度レジデンス・プログラムの公募時期は、以下を予定しています。

■募集中!(6月27日締め切り)
◎海外クリエーター招聘プログラム
◎リサーチ・レジデンス・プログラム
 →海外クリエーターのプログラムは海外在住日本人の応募が可能
 http://www.tokyo-ws.org/application/2017/05/r0512.shtml

■2017年9月開始予定
◎二国間交流事業プログラム
 →瀧さん、山田さんが参加したプログラムはこちら

瀧 健太郎|Kentaro Taki
(二国間交流事業プログラム<ベルリン>、2016年7月〜9月滞在)

1973年生まれ。1996年武蔵野美術大学大学院映像コース修了。2002年−2003年文化庁新進芸術家海外研修制度、ポーラ美術振興財団在外派遣芸術家としてドイツに滞在、メディアアートを学ぶ。近年の主な展覧会に「再生運動 デジタル世代の反証的技術」(台湾国立美術館、台中、2016)、「ヴィデオアート・プロムナードin阿佐ヶ谷」(阿佐ヶ谷駅周辺、東京、2015)、「Les Instant Video2013 : 50 ANS D'ARTS VIDEO」(フランス、2013)、「TOTAL CITY」(バレンシア現代芸術院、スペイン、2012)、個展上映に「瀧健太郎ヴィデオ・コラージュ/パズル」(アップリンク・ファクトリー、東京、2014)など。
http://www.takiscope.jp

山田健二|Kenji Yamada
(二国間交流事業プログラム<ロンドン>、2016年6月〜7月滞在)
1983年生まれ。2008年東京藝術大学先端芸術表現科卒業。2016年ポーラ美術振興財団在外派遣芸術家としてイギリスに滞在。近年の主な展覧会に「Smurfed remain」(チェルシー・カレッジ・オブ・アーツ、ロンドン、2016)、「Shanghai Project」(上海喜瑪拉雅美術館、中国、2016)、「BSIM App.」(3331Gallery、東京、2013)、「BSIM」(platform02、大分、2011)など。主な助成に「TERUMO Arts and Crafts Project研究助成」(2016)、「BEPPU ART AWARD 2011グランプリ賞」(2011)受賞。東京藝術大学卓越助教、ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ客員講師等を経て、現在は東京藝術大学特別研究員。
http://yamadakenji.org
創作活動サポート
メンバー登録
東京のアートシーンを共に創造するメンバーを募集しています!
アーティストの方はこちら
あなたの作品や活動をTokyoから世界に向けて発信してみませんか?
サポーターの方はこちら
創作活動をサポートするギャラリーや稽古場の登録、展覧会やイベントを投稿できます。
デジタルミュージアム
美術館・博物館の収蔵作品2万点以上の
デジタルアーカイブ
東京・ミュージアム ぐるっとパス
詳しくはこちら