東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > イベント・レポート
 
イベント・レポート
No.005
『仏像ってこんなに面白い!〜仏像やお寺を楽しむポイント』イベントレポート(前篇)

仏像スペシャリストのイラストレーター・田中ひろみさんによるトークショーが、去る8月7日、東京写真美術館の創作室において開催されました。10代から60代まで幅広い年齢層が集まった会場では、田中さん自身によって描かれたイラストをもとに軽妙なトークが繰り広げられ、学びあり笑いありとなりました。その内容を、2回にわたりレポートします。


誕生から入滅まで、仏像には
お釈迦様の一生を刻んだ幾種の像がある

田中ひろみさんのイラストを見ながら解説に聞き入る参加者の皆さん。
田中ひろみさんのイラストを見ながら解説に聞き入る参加者の皆さん。


まずは仏像鑑賞の基本となる4種類の特徴を覚えよう

仏像のレベルと種類
仏像のレベルと種類

【如来】悟りを開いたお釈迦様がモデル。悟りを開くことは虚飾や欲を否定することなので、身なりは質素。トレードマークの「螺髪」は智慧を表し、頭のコブ「肉髻」は詰まった智慧が盛り上がってできたといわれる。
【如来】悟りを開いたお釈迦様がモデル。悟りを開くことは虚飾や欲を否定することなので、身なりは質素。トレードマークの「螺髪」は智慧を表し、頭のコブ「肉髻」は詰まった智慧が盛り上がってできたといわれる。

【菩薩】悟りを開く前の、王子時代のお釈迦様がモデル。貴族らしい豪華な姿をしている。
【菩薩】悟りを開く前の、王子時代のお釈迦様がモデル。貴族らしい豪華な姿をしている。

【明王】大日如来の命を奉じ、憤怒の相で諸悪魔を降伏する。左目を地に、右目を天に向け、牙も左右で上下を向いている像もある。
【明王】大日如来の命を奉じ、憤怒の相で諸悪魔を降伏する。左目を地に、右目を天に向け、牙も左右で上下を向いている像もある。

【天】八百万の神のような存在で、種類も個性も多岐にわたるが、守護神として武装したものが多い。七福神の大黒天や弁財天、吉祥天なども天に含まれる。
【天】八百万の神のような存在で、種類も個性も多岐にわたるが、守護神として武装したものが多い。七福神の大黒天や弁財天、吉祥天なども天に含まれる。


「持物」と「印相」を知れば、仏様がさらに身近に!

持物にはそれぞれ意味があり、仏像を見分けるのに役立つ。

持物にはそれぞれ意味があり、仏像を見分けるのに役立つ。

持物にはそれぞれ意味があり、仏像を見分けるのに役立つ。

インタビュー・文/杉瀬由希


 
イベント・レポート

都内で開催される注目のアートイベントをご案内し、その模様をレポートするコラムです。リアルな空間で、そしてオンラインで、日々の暮らしにアートを取り入れてみませんか。

創作活動サポート
メンバー登録
東京のアートシーンを共に創造するメンバーを募集しています!
アーティストの方はこちら
あなたの作品や活動をTokyoから世界に向けて発信してみませんか?
サポーターの方はこちら
創作活動をサポートするギャラリーや稽古場の登録、展覧会やイベントを投稿できます。
デジタルミュージアム
美術館・博物館の収蔵作品2万点以上の
デジタルアーカイブ
東京・ミュージアム ぐるっとパス
詳しくはこちら