東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
展覧会・イベント情報 アーティストファイル エッセンス ビジョン スポット
マイページ サイトマップ
Tokyo Art Navigationとは?
TOPICS
TOP
トップ > トーキョー・アートエッセンス
トーキョー・アートエッセンス
No.008 場所の文化をつくっていく 團 紀彦 写真
語り手:建築家 團 紀彦 氏
建築設計事務所の代表として、数々の建築に携わりながら学校の講師も務めている團紀彦氏。今回は、現在参加している建築プロジェクトなどからみた町づくりのあり方について、語っていただきました。

台湾空港プロジェクト

台湾空港プロジェクト
台湾空港プロジェクト
場所と建築の関係は掛け算と一緒

 20世紀の建築家が、いろいろな雑誌や書籍などで最も多用したキーワードは「空間」という言葉ではないかと考えています。それに対して「場所」という言葉は、数の上で圧倒的に少ないことが判ります。20世紀は、特定の「場所」から独立した価値を追い求める考え方が強かったために、建築家もまたニュートラルで自律的な「空間」の創造を追い求め、「場所」という概念に苦手意識を持つようになったのでしょう。場所性は多元的な世界、歴史や周辺との関係性や文化、民族、経済的側面などなど、考え出したらきりがありません。しかし、私は最近、場所と建築の関係は、掛け算ではないかと考えています。つまり、一方が0(ゼロ)になったら、いくら掛けてもゼロになってしまう。どんなに立派な建物をつくっても、都市環境、自然環境を問わずその地域の歴史や文化や生活という場所性を無視してしまったら、存在する意味がなくなってしまう。これでは、何年かのちに取り壊されて、建て替えられてしまうような建築物になってしまいます。

 20世紀モダニズムの建築ムーブメントというのは、場所から遊離してつくられたものです。美しい山並みや街並みを壊して、そこにまったく違った美学を持ち込むということを世界中でやってきました。これは20世紀の近代的テクノロジーすべてに共通していることです。飛行機や自動車も、ラジオやテレビや印刷媒体、流通システムもありとあらゆることが、場所から遊離することを目指していたように感じます。もちろん、そこにはいい面も悪い面もありました。しかし、環境問題や町並みといった問題が重要視されている21世紀は、これまでの功罪を認め、反省を踏まえたうえで先に進まなければならないと思います。


文化の担い手としての役割が求められる

 私は今、台湾空港のプロジェクトに参加しています。これは新しく空港を建設し直すのではなく、現在の空港を壊さずに、覆いをかけて内部を広げ500万人収容能力を3倍の1,500万人にしようというものです。台湾は公共建築の建築費用の1%をアートに使わなければならないということが法律で決められています。どんなアートを導入するかについては、建築家がディレクションの権限を持つことができるのです。私は、漢字の文化圏であることを踏まえ、「letters」(文字)をテーマとして空港のアートプロジェクトを進めています。日本では、まだ建築家がアートに関わるところまで求められる機会がありませんが、ヨーロッパでは建築家は文化の担い手としての役割を求められます。建築家は場の文化をつくる管理者としての大きな責任があるのです。


日本橋再開発プロジェクト
日本橋再開発プロジェクト
 2008年には、『東京の建築とアーバニズム』という本を英語と中国語で出版する予定です。アジアの人たちは東京に対して、経済的な面ではなく、文化的な面でも大きな興味を抱いています。いろいろな方に執筆していただいていますが、「東京は巨大な集落である」という指摘もあり、様々な角度から都市東京の文化的側面にメスを入れるものとなっています。都市全体に城郭をつくらなかった江戸、これだけの大都市にもかかわらず、海外の都市と比べて街の中の貧富の差がわかりにくい東京。そのような特徴から、日本人はこれみよがしに権力やシンボルを出したがらない、控えめながら権力を保持するという複雑な権力意識を持っているようだとわかります。
 現在、日本橋の再開発のプロジェクトも進めているのですが、江戸からの脈略が感じられる東京という場所が持つ、文化の再生を目指した町並みをつくりたいと考えています。

團 紀彦(だん のりひこ) 團 紀彦 写真
1956年神奈川県生まれ。東京大学工学部建築学科卒。1986年團紀彦建築設計事務所設立。東京大学大学院都市工学科非常勤講師なども務める。1995年日本建築家協会JIA新人賞受賞。2003年「NEW TAIWAN by design」国際コンペ一等。小説『るにんせん』などの著書もある。
 
創作活動サポート
メンバー登録
東京のアートシーンを共に創造するメンバーを募集しています!
アーティストの方はこちら
あなたの作品や活動をTokyoから世界に向けて発信してみませんか?
サポーターの方はこちら
創作活動をサポートするギャラリーや稽古場の登録、展覧会やイベントを投稿できます。
メールマガジン登録申し込み
デジタルミュージアム
東京・ミュージアム ぐるっとパス2007
詳しくはこちら