東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
HOME トピックス 展覧会・イベント情報 美術館・劇場・活動スペース アーティストファイル アート作品ランキング コラム 支援制度・コンテスト情報
トップ > ステップアップ
 
ステップアップ
No.001
アーティストとして生きていくための知識を毎月紹介
Step.1 イントロダクション

学校では作品の制作に没頭。しかし、どのような発表方法がよいのかわからない。美大や芸大を卒業し、これから作家として生きていくためにすべきことが知りたい。「ステップアップ」は、そんなプロのアーティストを目指すみなさんのための新コラムです。素朴な疑問から、画廊への売り込み、個展の開催方法、作品の販売まで、アーティストとして活動する上で直面するさまざまな問題解決の糸口を、毎月テーマを設けて紹介していきます。


2010年代のアートシーンと創作活動

 絵や立体、インスタレーションなど、多様性のある表現に満ちた2010年代のアート。アーティストの活動も個人的なものから集団、社会活動につながるような試みまで、大きな広がりを見せています。日本人アーティストはビエンナーレやトリエンナーレなど、国際的なアートイベントに積極的に参加・活躍し、国内でもアートフェアなどが各地で定期的に実施されるようになりました。このような状況は、アーティストにとって作品発表のチャンスが広がったようにも見えます。マーケットの動きを追っても、90年代から00年代にかけてアジアマーケットが一時的な盛り上がりを見せ、日本の若手アーティストの作品価格が高騰し、現代アートへの注目も高まりました。しかしリーマン・ショック以降、世界的な経済の落ち込みと共にアートマーケットの勢いがなくなり、国内のアートシーンにも閉塞感や停滞感が否めない状況が続いています。
 とはいえ、専門家によってはアートバブルが弾けた今こそ、正常にアーティストや作品が評価される時期にあるという考えもあります。一瞬の流行で高額取引された作品は、ブームが終わると同時に価値も下がってしまいますが、そうでないものは一定の評価が保たれているというわけです。アーティストにとって、作品を売ったりマーケットに乗せたりすることが創作の目的になることは本末転倒ですが、つくりたいものをつくった結果である作品が、社会や人びとによって評価されるということは、まぎれもない事実です。アートやアーティストを取り巻く環境が目まぐるしく変化している今、みなさんが表現したいことは何なのか。それがアートである必要は何なのか。その答えによって、みなさんにとって一番の作品発表方法や最終的な目的は何なのかが、見えてくるかもしれません。


アーティストとして活動するために

 さまざまな表現方法があるように、アーティストの数だけ、デビューもビジョンも最終到達地点も異なります。自分が将来アーティストとして生きていくとは、どういうことかじっくり考えることが大切です。美大や芸大を出たばかりの人は、普通の会社に例えると、新入社員と同じなのです。学校ではさまざまな専門的知識を身につけ、勉強や制作に励んでいたとしても、実社会の中で仕事をする(=アーティストとして生きる)ということには、まだまだ身につけなければならないことがたくさんあるのではないでしょうか。自分の作品がどのように社会に受け入れられるかを、じっくり考えてみましょう。
 そのためにまず挑戦したいのが、個展の開催です。個展では作品の展示から、案内のDM、さまざまメディアへの告知、来場に対するプレゼン(ポートフォリオ)は、自分を表現するにはうってつけの場となります。また、人に見せたり、説明をすることで、普段の制作の中で、もやもやしていることが吹っ切れたり、自分の考えの浅はかさを自覚することも多々あるでしょう。では、どうやって個展を開催したらいいのか? ポートフォリオのつくり方とは? などの基本的な知識から海外で活動を展開するまで、このコラムを手がかりにアーティストとしての活動のステップアップをしていきましょう。


今後のラインナップ

これから毎月、下記のようなテーマを中心にアーティストとして活動していくためのノウハウを紹介する予定です。

個展開催のプランをたてよう
レンタル・ギャラリーを借りるには1年〜半年前から準備
ギャラリーの人に作品を見てもらう
ポートフォリオ制作のノウハウ
作品写真の撮り方
平面作品の複写の方法
映像作品の撮影
立体作品、インスタレーションの撮影のコツ
自分の作品に値段をつける
作品販売から経費の管理まで
セルフマネージメント入門
インターネットで作品紹介
HP、ブログ、facebook、twitter、youtubeなど
活動の幅を広げる
アーティスト・ラン、AiRなど
展覧会を自らプロデュース 海外での活動など

イラストレーション/ワタナベケンイチ
次回は…
「ギャラリーってどういうところ?」について学んでいきましょう。[5月19日(木)アップ予定]
 
ステップアップ

美大生やプロのアーティストを目指すみなさんの疑問に応えます。2011年4月から毎月1回、1年間を通してアーティストとして活動するためのノウハウを、実例をまじえて紹介していきます。

創作活動サポート
メンバー登録
東京のアートシーンを共に創造するメンバーを募集しています!
アーティストの方はこちら
あなたの作品や活動をTokyoから世界に向けて発信してみませんか?
サポーターの方はこちら
創作活動をサポートするギャラリーや稽古場の登録、展覧会やイベントを投稿できます。
メールマガジン登録申し込み
デジタルミュージアム
美術館・博物館の収蔵作品2万点以上の
デジタルアーカイブ
東京・ミュージアム ぐるっとパス
詳しくはこちら