東京のアートシーンをアーティストとともに創り、発信する Tokyo Art Navigation
展覧会・イベント情報 アーティストファイル エッセンス ビジョン スポット
マイページ サイトマップ
Tokyo Art Navigationとは?
TOPICS
TOP
トップ > トーキョー・アートビジョン
トーキョー・アートビジョン
No.007 手仕事感覚こそ自分の力になる
語り手:イラストレーター 田代卓氏

写真:田代卓氏 一度見たら忘れられない黒目が印象的なキャラクター。男の子だったり、動物だったり、自動車だったり。変幻自在の作品たちは、街角や絵本で大人気です。その他にも企業のシンボルマークやロゴタイプなどを手がけ、イラストレーターとして活躍中の田代卓氏にお話をうかがいました。


コンピュータ時代だからこそ、手を動かしてみる

 イラストレーターとして、25年仕事をしています。キャラクターデザインの仕事をしていると、どうしてもシンボルマークやロゴタイプというデザインの分野と関わることになりますので、自然にタイポグラフィ的な仕事にも取り組むようになりました。
 この10年くらいは、デザイナーやイラストレーターの仕事の現場にコンピュータという道具が導入され、大きな転換期でした。僕の仕事はコンピュータとの相性が良かったので、トレースや色入れの作業を分担したりして便利に使っています。ただコンピュータではどうしても表現しきれないもの、髪の毛1本分くらいの線のニュアンスなのですが、そういうときは、一度手で描いてみる。墨入れして、ホワイト修正して納得がいったものをコンピュータで仕上げる。そんなことを繰り返していますね。
 先日、長年書体設計をされている、“ヒラギノ”という書体をつくった字游工房の鳥海社長にお話をうかがったのですが、彼の現場でも必ず文字を一度手で書いていると聞いて、ちょっと感動しました。やっぱり、キワのところは手を動かした感覚が一番鋭い。若いときに鍛えてきた感覚というものが、最後に自分の力になっているようなんですね。

写真:しろくまじどうしゃ写真:しろくまひこうき写真:はじめてのずかん1
絵本の仕事ではイラストに加えて文章も書いている


立体の制作活動を経て、平面の世界を目指した

 高校時代は県立静岡工業高校のインテリア科で、家具づくりの職人としての訓練を受けていました。基本的には木工、鎌倉彫や家具製作の基礎、それから漆塗りの塗装実験など、とにかく毎日手を動かしていました。家具に関してはビジネス的なことは抜きにして、自分でデザインした椅子を生きているうちに3つくらい作れたらいいなあと今でも思っています。
 卒業後は桑沢デザイン研究所に進学し、当初はインテリアデザインをやろうと思っていたのですが、全員がデザインの基礎教育を受けるというプログラムの中で、グラフィックの世界に興味を持ちました。当時、グラフィックデザインの中でもイラストレーションの分野は、スーパーリアルな世界からさまざまな広がりを見せていた時代で、個性的なイラストレーターが頭角を現していました。学校の授業に安西水丸さんが来てくれて、子どもの頃のご自身の絵日記や、いろいろなイラストレーションの仕事をスライドでたくさん見せてくれたのですが、そこで「なんかイラストレーションっていいじゃん!」と思い、グラフィック研究科に残ったんです。
 桑沢では、膨大な課題が出され、いやでも毎日手を動かさなければならない。そんな中で、自分が好きなことを進んで見つけてやるようになりました。ちょうどこの頃、日比野克彦さんを筆頭にダンボールや木材等を使った半立体的なイラストレーションが流行っていましたが、僕は立体から平面に移行したので、「徹底的に平面!」にこだわっていました。現在のようなイラストレーションやグラフィックの仕事においても、木工の授業で実際に手で削って物づくりしていた感覚が活かされているように思います。

写真:イノシシのぬいぐるみ 今年のお正月用につくった、イノシシのぬいぐるみ

※次回は・・・
田代氏が手がけるタイポグラフィとイラストレーションなどについてご紹介します。(11月8日アップ予定)

田代卓 写真
 
田代 卓
1959年東京生まれ。81年桑沢デザイン研究所グラフィック研究科卒業。91年第3回世界ポスタートリエンナーレ富山入選以来、Graphis Poster(スイス)、デザインフォーラム、ブルーノグラフィックビエンナーレなど入選多数。 グラフィックデザイナー、イラストレーターとして幅広く活動中。企業やイベントのマスコットキャラクター、幼児向け絵本を数多く手がける。東京イラストレーターズ・ソサエティ会員、日本タイポグラフィ協会会員、桑沢デザイン研究所非常勤講師、自由が丘しろくま研究所所長。
お知らせ:
11月19日(月)から青山のギャラリーSPACE YUIにて個展を開催します。
On Canvas
創作活動サポート
メンバー登録
東京のアートシーンを共に創造するメンバーを募集しています!
アーティストの方はこちら
あなたの作品や活動をTokyoから世界に向けて発信してみませんか?
サポーターの方はこちら
創作活動をサポートするギャラリーや稽古場の登録、展覧会やイベントを投稿できます。
メールマガジン登録申し込み
デジタルミュージアム
東京・ミュージアム ぐるっとパス2007
詳しくはこちら